日々の暮らしの中で感じたことを、共有したいのです。

プロフィール

  デザート・ムーン (男)

Author:  デザート・ムーン (男)
 
「三世代シェルティーS」

 祖母ラン
1992年 1月28日生まれ
2010年5月7日 午後
18歳3か月9日で、 永眠。

 娘:アリス 
1994年 2月3日生まれ
2009年8月28日18時22分
15歳6か月25日で、 永眠。

 孫娘:ボニー
1998年 孫娘ボニー
5月22日生まれ
2011年3月8日(火)早朝
12歳9か月14日で、 永眠。
<津波は、3月11日(金)>


 「藤」の花・冬の凍った「月」が
大好き!
宮城県・南三陸町の「海」も、
綺麗ですヨ!
ワンsや花の写真を、
お楽しみ下さい!
(小さい写真は、
クリックで拡大!)

 学習・書道・作文・工作の『教室』を
営んでいた自宅が津波に流されてしまい、
今は仮設暮らし……。
 行者ニンニクも、
販売中!

ランキング、参加中で~す!

毎日1回、ポチッと、
お願いしま~す!
「にほんブログ村」が開けば、
投票完了!

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
シェルティーブログランキング

お勧め、過去記事!


津波関連の記事。
「パソコンから、津波の写真を……。」
「今日は、3.11のことを……。」
「東京の教え子さんへ…。」

ぜひ、覗いて下さいマセ。
  「かっとび、ボニー!!」パート2
 月下美人
 華麗なる? ジャンプ!
 隠し球?
 祖母ランのジャンプ!
 スラローム!
 孫ボニー、独唱!
 フジ!2006
 フジ!2007
 フジ!2008

最近の記事

リンク

カウンター

いらっしゃ~い!!

現在の閲覧者数:

ブログ内・キーワード検索

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

ブロとも一覧


■ ブログ名:☆あんりんトウフ☆

■ ブログ名:FairyDogのわんこ日記

■ ブログ名:ちょっとひとやすみ・・・気ままな休日

■ ブログ名:Toy toy 日記

■ ブログ名:野の花とネコ達の四季

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユニークな、お店です!

クリックして、ご利用を!!

行者ニンニクの苗・加工品…格安販売!
内海農園 
巨大盛りラーメン店・しのぶ(豊里)
Bambino(バンビーノ)…ワンちゃんのハンドメイドお洋服
 
 

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

今日は、3.11のことを……。 

 地震が起きる前、ボクは
教室の仕事用デスクトップで、
「青色申告」の打ち込みを。

 そして、あの大きな揺れが……。
(やっぱり来た、これが例の宮城沖地震か!)


 ボクは先週……いや、もっと前から嫌な予感が。
(膨大な写真のデータを、ネットのサーバーに保存しないと……。)
などなど、ずっと考えていたのに実行せず。


 教室のテーブルには、
孫娘ボニーの「お骨」と花々を供えていた。
花瓶の横にノートPCもあり、
揺れで倒れPCを濡らさぬ様にと、
立って両手の指で2つの花瓶を支える。

(建物が潰れる揺れ方ではない……。)と直感。
ひざを曲げ、揺れを逃がす。
だが長い……。
落ちそうになった「ガラス細工」のケースを、押して戻す。

 冬越しの為、部屋に入れていた植木鉢が落ちて、
あちこちからガシャンガシャンと音が!

 やがて、停電。
(打ち込んだ、申告のデータがー!)

 強い揺れは、何度も!
(おさまった時、とりあえず玄関を開ける。)


 大きい地震は、もう来ないと判断。
倒れてもいいように、花瓶を玄関の「たたき」に置き、
ご近所の安否確認に出る。

 お隣のおばあさん……、施錠。
(田舎で昼の施錠は、留守の意味。)
坂を下りて、下のおばあさんの家に。

 声を掛けると、実の娘さんが恐怖に震え、
手で胸を押さえて、おろおろ。

 また何度も、余震が……。

ボク:「大丈夫?お母さんは?」
彼女:「芸能祭を見に、○○会館へ行ってる。
   この辺は、みんな一緒に……。
   どうしよう。ここまで水、来ないよね?」
(彼女は、51年前のチリ地震津波を、覚えている年齢かも。
昔、老人に聞いた話では、海水がこのお宅の前まで来たと。)
ボク:「JRのガードからは、水が来るかも……。」などと、
しばし立ち話を続けて、「みんなが留守か、見てくる。」と走る。

 高校下のおばあさんも、その隣の老夫婦も、やっぱり施錠。

引き返しながら、
(バド母さんの所に、自転車で行こう!)
と考えたが、
同時に、
(行けば、ボクは戻らないかも?)
という予感も、どこかに。

 さっきの所で、また娘さんに声を掛けてから、
そこを通り過ぎて、足の弱い方の安否を確認に行く。

 そのおばあさん、
室内に声もなく座り込み、
ただ涙を流す。
 ご主人は、仕事で留守。
その携帯番号を聞いて掛けるが、もう不通。
避難する気のないおばあさんを説得、
車庫から「手押し車」を出して、
小高い向かいの家へと一緒に歩き出す。
そこへ、嫁いだ娘さん?が車で迎えに。
避難させるということを確認し、
車を見送る。(今は、中学校避難所に。)

 そのまま向かいの家に行くと、おばあさんが外に出て心配顔。
「じいさんが芸能祭に行って、まだ帰らない。何をしてるのか!
津波は、ここまで上がらないよね?」
(ボクの家より、少し低い場所の住民。)
ボク:「波が来なくても、余震で家がダメになるかもしれないから、
貴重品を出して避難の準備を……。」と、ここでも立ち話。
それから、さらに奥の2軒を確認。
 1軒はいつも施錠するお宅なので、インターホンを押し不在を確認。
(住人は、この後に帰宅して避難。
ガレキに挟まれ、足を骨折。ヘリコプターで搬送…とか。)
もう1軒は、声を掛けても無反応。ボクは、留守だと判断。
(避難所に猫を捜索に来たお嬢さんは、この時まだ家に居て
「猫と一緒でないと…」と言っていたとか? 3匹中、高齢の1匹を失う。)

 自宅の下まで戻ると、誰かが
「避難して下さい!」と叫ぶ声が聞こえた。
さっき確認した留守宅に、人が?……と見に行ったら、
駅の向こう側に住むおばあさんが、
愛犬と一緒に歩いて避難してきたのだ。
「でも、みんな留守だった……。」と。
(愛犬と700メートル以上も歩いてきたのだから、
この時点で地震から、かなり時間が経過していた。)

ボク:「ドッグフードは?」
飼い主:「持ってこない……。」
ボク:「ウチのを、あげるから……。」と、坂を上って
室内のガラクタをかき分けて、やっとフードをさぐり出す。
 
が、いくら待っても上がってこない。
(声を掛けずに、避難施設へ行ったか?)と思い、
裏の畑を歩き、町の指定避難施設へ。

 やっぱり、そこにワンコと飼い主が居た。
フードを渡したら、
別の知り合いが高齢ワンコを連れていた。
(そちらも、フードを持たず……。)
ボク:「後で、持ってきてあげるね。」とは言ったものの、
後で…では混乱して会えない?…と思い直して、すぐに帰宅。
再びガラクタの中から、フードを取り出す。

 家を出て、裏の畑を小走りに行くと、
上の高校から「キャー」という声が。
(津波だな……。)

 ボクは走って、指定避難施設の飼い主の所へ。
フードを渡して、ボクは写真に記録しようと、
避難施設の上に建つ県立高校への階段を登る。

 そして、シャッターを切った……。





 ここまで読んで、お気付きの方が、きっと……、

でもボクは、あの時に気付けなかった、
母の帰りを待っていた娘さんのことを……。

 ワンコ連れのおばあさんと一緒に、
てっきり避難施設に行ったとばかり……。

 彼女の行方は、今も……。



東北地方太平洋沖地震に係るプレス発表資料 (南三陸町のHPより)
 
 4月30日(土)午後3時

■避難人員 6,665人
町内避難所:40箇所、6,116人
町外避難所:5箇所、549人

■集団避難人員:1,309人

■昨日現在で
 搬入遺体数      503体
  うち身元確認済み  397体

2011/04/30 22:05|未分類TB:0CM:9

パソコンから、津波の写真を……。 

やっと、ネットが使える。

今までアップ出来なかった、
津波の写真を……。

20060323193326.jpg


1.jpg
三世代シェルティーSが散歩した
「荒島」をバックに、
白い津波が
盛り上がる。
(火災も!)




電線のクロスしたところを拡大。
南三陸町の防災庁舎の屋上には、
たくさんの人影が。
2.jpg
(その、ほとんどが
亡くなったという……。)


3.jpg
押し寄せる津波が、
駅のガードから噴出!!

ボクが立って撮影する、志津川高校の登校坂の下には、
4.jpg
我が家がある。
5.jpg
中央に見えるカーキ色の屋根2つと、
その左の2階が海老茶の屋根、
手前の赤い平屋部分も、我が家。
(手前には、赤屋根のプレハブの物置が。)

この後の変化については、
またに……。

(慣れないPCで、マウスがないと…疲れる。)
2011/04/23 23:15|未分類TB:0CM:17

緊急報告! 

取り急ぎ…、報告のみ。


今日の午後3時頃に、
めでたく通電!

柔道場が、キラキラに!

何が起きたか理解できず、余震より
ショッキングだった。

(パソコンも、
午前中に入手。
ネットは、まだ。)

それでは、また…。
2011/04/22 20:31|未分類TB:0CM:10

一昨日と昨日。 

おとといの昼は、
関西からの炊き出し。
『タコ焼き・焼きそば・
そばめし』を!
(しばし行列して、待つ。)

やがて、
いつもの牧師さん
ゆかりの方々
(台湾の方も)が、
一泊ボランティアとして
来訪。
支援の品々を、搬入。

子供たちへの『焼肉おやつ』も、事前に企画済み。

(アメリカの方々も、
合流。)

みんなで行列、
関西の味を楽しむ!
(どれも美味、
ごちそうさま!)


その間ボクは、
『流失家屋への支援金』
申請にも並ぶ。


そして、3時半には、
小浜市から、『はし』の色付け教室が。
(アメリカ組も体験。)


『焼肉おやつ』着手が遅れ、
調理に手間取り、
避難所の夕食が配られて
からも、彼らは更に奮闘!


アメリカ組の帰宅が遅れ、
急きょ避難所に一泊と。
寝袋なし2名、あり6名分の、寝具を準備。

すると、
津波で別れた愛猫の
保護を願う、あの女性が
夜に…。
(けっきょく計9名が、
避難所に泊まった。)



昨日は、高校(避難所)の
入学式。
町民が感謝をこめて、
朝から入学式の通路を清掃。

終了後、
一泊ボランティアが、
ボクの畑のガレキ整理に。
塩に負けず芽を出した
行者ニンニクを、
救って下さった。
やがてアメリカ組も参加、
なぎ倒された木を、何本も
除去し、畑は見違える様に!
(台湾の女性も、『うね』
を綺麗にして下さった。)
皆さんに、感謝…。


お昼を過ぎ、いつもの
牧師さん達も到着。
前にも畑に来た牧師さん、
ガレキの変化に、
目をみはる!

(牧師さん達と何度も
避難所に来て下さった、
ユニークな進藤牧師さん
ご夫妻については、
後日…。)

避難所に戻り時計を見ると、
式の10分前だった!


入学式に合わせて
開花を遅らせたか…、
桜の花も応援。

町民からは、祝福の声が。


今日、パソコンが?

ガレキを運んだボクの腰、
起きた時には
どうなっているか…?
(すでに、痛みが。)
2011/04/22 00:12|未分類TB:0CM:2

4時半に起床。 

夕べは、眠かった~。

9時半には
眠ったのだろう…、
ジーンズも靴下も脱がず、
メガネも取らずに…。


いや、
津波後かなりの間、
避難所での睡眠は、
この格好が当たり前だった。

いつでも、

逃げ出せるように!

と…。
(もちろん、『着たきり』
生活でもあったが。)
当然、メガネを掛けて
眠る習慣も無く、
津波後の

『寝返りせずに、
上を向いたまま』
での就寝は、
辛かった。



やはり、午前2時前には
いちど目覚めたが、眠くて
そのまま眠る。

朝、メガネを探したら、
ヨレヨレに曲がって
出てきた…。(苦笑)




昨日は、
名簿の調査・転記の
作業を。
そして外出者の帰宅後も、
ランタンの明かりで、転記。
(まだ、停電は続く…。)



眠かったのは、疲れか?
それとも、
眠れるだけの体力が回復か!?


転記作業の途中で、
『安いのが見つかった、
パソコンを新品にしては?』
と、模試の社長から電話。
関係のメモを探すが、
暗くて見つからず…。
(明かりが~!)

早いのは、
パソコンの到着か
通電か?




2月19日(土)在りし日の
孫娘ボニー。
(JRの列車内で…)



黄緑のマットは、
津波から戻り、
今もボクの枕元に有る。
2011/04/20 06:51|未分類TB:0CM:2