日々の暮らしの中で感じたことを、共有したいのです。

プロフィール

  デザート・ムーン (男)

Author:  デザート・ムーン (男)
 
「三世代シェルティーS」

 祖母ラン
1992年 1月28日生まれ
2010年5月7日 午後
18歳3か月9日で、 永眠。

 娘:アリス 
1994年 2月3日生まれ
2009年8月28日18時22分
15歳6か月25日で、 永眠。

 孫娘:ボニー
1998年 孫娘ボニー
5月22日生まれ
2011年3月8日(火)早朝
12歳9か月14日で、 永眠。
<津波は、3月11日(金)>


 「藤」の花・冬の凍った「月」が
大好き!
宮城県・南三陸町の「海」も、
綺麗ですヨ!
ワンsや花の写真を、
お楽しみ下さい!
(小さい写真は、
クリックで拡大!)

 学習・書道・作文・工作の『教室』を
営んでいた自宅が津波に流されてしまい、
今は仮設暮らし……。
 行者ニンニクも、
販売中!

ランキング、参加中で~す!

毎日1回、ポチッと、
お願いしま~す!
「にほんブログ村」が開けば、
投票完了!

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
シェルティーブログランキング

お勧め、過去記事!


津波関連の記事。
「パソコンから、津波の写真を……。」
「今日は、3.11のことを……。」
「東京の教え子さんへ…。」

ぜひ、覗いて下さいマセ。
  「かっとび、ボニー!!」パート2
 月下美人
 華麗なる? ジャンプ!
 隠し球?
 祖母ランのジャンプ!
 スラローム!
 孫ボニー、独唱!
 フジ!2006
 フジ!2007
 フジ!2008

最近の記事

リンク

カウンター

いらっしゃ~い!!

現在の閲覧者数:

ブログ内・キーワード検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

ブロとも一覧


■ ブログ名:☆あんりんトウフ☆

■ ブログ名:FairyDogのわんこ日記

■ ブログ名:ちょっとひとやすみ・・・気ままな休日

■ ブログ名:Toy toy 日記

■ ブログ名:野の花とネコ達の四季

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユニークな、お店です!

クリックして、ご利用を!!

行者ニンニクの苗・加工品…格安販売!
内海農園 
巨大盛りラーメン店・しのぶ(豊里)
Bambino(バンビーノ)…ワンちゃんのハンドメイドお洋服
 
 

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

死生観……。 

 ボクが生まれる前年、
姉は「チリ地震津波」で死んだ。
「その代わりに」と、
胎盤早期剥離で
生死をさまよった母は、
帝王切開で
ボクを産んだ。
.
 幼い頃から、
「会ったことのない姉」に合掌をし、
「ヒト は 必ず 死ぬ のだ」
という事実に、ず~っと接した。
.
 以来、
ボクにとって
【死】が
『人生最大』の
【恐怖】へと拡大。
.
 ところが、
あの「大津波」を体験した直後は、
そんな
【死】への【恐怖】が、
ま~たく
『消えて』しまったー!
.
 多くの【命】や風景を
.
根こそぎ奪い去った、
.
ボクの【許容能力】を
「はるかに超えた」災害が
もたらした【結果】
(=想定外の困難)に耐えるため、
脳が
【恐怖を塗りこめた】のか?
.
 精神の「安全弁」として、
ヒトは
悲しい
反応を……。
.
 しかし
今では、
再び
【死】が
コワイ~!
.
 さ~て
今後のボクは、
どんな
精神に
なるのかナ?再配布・禁。要・使用許諾。携帯:090-7076-6386 佐々木 光之 (107)
2017/02/05 20:45|雑感TB:0CM:0

逝ってしまった……。花火が大好きな「同窓生」。 

 なんで?

あんな気配りの人が、逝くなんて……。

 君を、
悪く言う人なんか、
どこにも居ない!

 君は、
とても細かな
気配りの人……。


 「来年の花火まで、オレは生きられないかも。」
の言葉を聞き、
ボクは夏の日、君の写真を撮れなかった。

(「来年、撮れる」と、

信じ……たかった……から。)

 

 小・中の同窓だった彼。
その御家族・友人たちと、10年ほど前に、
町の花火大会で偶然に再会。
 とにかく彼は、花火が大好き!!
(それから、ボクは母の介護期間を除き、
彼の御家族・友人との花火見物が恒例に!!!)


 彼が、最後に見た花火……。
 あの日の写真(以下)をプリントし、霊前に……。


志津川湾・夏祭り2010 (8)


志津川湾・夏祭り2010 (5)


志津川湾・夏祭り2010 (7)


志津川湾・夏祭り2010 (2)
「心づかい の人」 は、
昇天 して
しまいました。



「花火の記事は、ここから。」


2010/10/26 00:10|雑感TB:0CM:6

デザート・ムーンは、「月」が大好き! (その名の由来は……?) 

花と月  (5)

 ボクは、子供の頃から、「月」が好きでした。

物心が付いた頃には、

「おーつきーさーま、こん・ばん・は~……♪」なんて、

ボクは親の背中で、アドリブの「歌」を歌っていましたね。
(その メロディーは、今でも 覚えています。)

 ところが、
この「月マニア」は、もしかすると「母ゆずり」なのかも?

 母は退職まで、小学校の教師でしたが、
ある時、担任した6年生の卒業で、生徒の皆さんから 「記念品」を頂きました。

 それは、

「月の沙漠」のオルゴールが内蔵された、
回転式の「お人形」でした。

 母がクラスで、みんなに 「なぜ、これを?」 と聞いたところ、

生徒さん達は

「先生が、みんなの前で歌ってくれた、あの時の曲が、
とても思い出に残って……。」  とのことでした。


『 月 の 沙 漠 』 作詞 加藤まさを  作曲 佐々木すぐる

1 月の沙漠を はるばると
  旅のらくだが 行きました
  金と銀との くら置いて
  二つならんで 行きました

2 金のくらには 銀のかめ
  銀のくらには 金のかめ
  二つのかめは それぞれに
  ひもで結んで ありました

3 先のくらには 王子さま
  あとのくらには お姫さま
  乗った二人は おそろいの 
  白い上着を 着てました

4 ひろい沙漠を ひとすじに
  二人はどこへ いくのでしょう
  おぼろにけぶる 月の夜を
  対のらくだで とぼとぼと
  沙丘を越えて 行きました
  だまって越えて 行きました


 母は、小学校 以前の勤務先が、中学校でした。
そこでは、音楽の教師を……。

 母は その時、娘を「チリ地震津波」で亡くしました
(ボクの生まれる前、姉は9歳で没)。

 当時、津波で家や心を押しつぶされた中学生たちを励ます為に、
母は傷心のままで粉骨砕身……。
 歌劇「テコナ(手古奈?)」を公演するまで、
寝る間を惜しんでの指導研究。

 災害の実情と復興への想いを込めて、母が「手紙」を出した結果、
「こんなに感動した手紙には、過去に出会わなかった……。」と、
フルオーケストラの演奏が、テープに録音されて届きました。
 その音源をバックに、中学生が熱演。

 被災した町民の皆様からの、喝采を得ました。


 (当時の中学生が高校を卒業する頃、
「テコナ」を再演して、母を招待して下さいました。)

 デザート・ムーンの話から、それましたね。




 ボクは、夏の月よりも 冬の「氷った月」 が好き。


 デザート・ムーン の…… 「デザート」は、
けっして「甘~い」もの ではなく 英語の「砂漠」です。

砂漠の月……
のイメージが、ボクの「ブログ・ネーム」なのです。

 砂漠(desert=デザート)の夜は、
放射冷却の寒さで、焚き火が欠かせないのかも?

 ボクを温めてくれる「焚き火」は、三世代シェルティーSの「3ワン」でした……。 
(そして、今も尚……ネ!)
P1100139.jpg

カプセル小DSC_3780 




 ボクはネットでも、「行者ニンニク」を販売しています。
販売のホームページは、ここをクリックして下さい。


 スタミナ山菜
「行者ニンニク・格安の苗」
  

 元気の み な も と
「乾燥粉末カプセル」(根入り限定品)
 




 ランキング  参加中
 紫のバナー  ポチッと、 お願いしま~す

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ


2009/09/16 23:23|雑感TB:0CM:17

母の「一周忌」の法会を、終えたと思ったら……。 

8月30日(土)
 檀家の「合同法会」が、「三十日盆」に行われました。

近隣の町からも、
10名の僧侶が集結しての、読経。

(母の命日は7月8日でしたが、地域・寺により「一周忌」の風習が違うのですね。)

 二人の姪っ子とともに、施設の父を迎えに行き、その法会に参加。
(終了後、父がトイレから行方不明にー?と捜したら、高台の墓まで
先に上っていました。
手続きの後、みんな一緒に……と言ったのに……ホントにモ~。)


 帰宅後、今年もまた、玄関先に「アゲハ」が……。
母? 
 母は、また来てくれたのかも。(昨年の「母」は、こちらをクリック!)

(ちなみに、翌日の8月31日は、ボクの誕生日……。)





 今日、9月9日(火)。
父が、
突発性の難聴……ということで、石巻市の病院に入院。
(ご心配なく、父は元気そのものです!)


 昨年も父は、9月10日に胃のポリープ切除で入院……。





 今日9月9日(火)、ボクは「胃ガン検診」の日でした。
空腹のまま家を出る時、父の施設から電話。

 「お父さん、急に耳が聞こえない……と言うので、
町の耳鼻科を受診しています。
石巻市の病院での受診が紹介されるかも?」
とのこと。

 ボクは「バリウムでの検診」を終え、下剤を呑んで腹痛に。

 締め切りとなった「模試の答案」をメーカーに返送。
学校コードの記入なども煩雑でしたが、
何とか父との待ち合わせに間に合いました。

(いつもながら、重なる時には、重なるものですネ。)

 施設の職員さんは、もう職務時間を過ぎているというのに、
昼前から夜まで、病院への送迎・検査・引継ぎ……に同行、
心配りをして下さいました。(感謝で、いっぱいです!)



 父は、4泊5日ほどで、退院できそうです。


 ランキング  参加中
 紫のバナー  ポチッと、 お願いしま~す

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

2008/09/09 21:59|雑感TB:0CM:9

ボツにするには、おしいので……、ぜひ昔話に御付き合い下さいマセ! 

またも、ゴブサタでした


 ランキング  参加中
 紫のバナー  ポチッと、 お願いしま~す

 にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ ランキングが開けばOK!
こちらも、ポチッと FC2 ブログ ランキング 


 時間をさかのぼり、3月3日(月)の話です。(1ヶ月以上も、ネカセてしまいました。)
久しぶりに仙台へ
 小雨が降る中を、JRに乗り込んで、「第61回 宮城県
小・中学校 児童生徒 書初め展覧会」を見に、
仙台駅そばの「AER(アエル)」まで、行ってきました。

 毎年、数名の塾生が、同展の最高賞
(県連合小・中学校 教育研究会・
書写研究部会長賞)に輝くので、
毎年行こうとはするのですが、

やっと10数年ぶりに、見てきました。 

久しぶりの仙台 (11)

久しぶりの仙台 (10) 久しぶりの仙台 (6)

 仙台に行くのさえ久しぶり、「いま浦島」でした。

仙台駅・伊達政宗の騎馬像は、政宗公ゆかりの宮城県大崎市に寄贈したため、もう撤去されていました。
P1050249(1).jpg 久しぶりの仙台 (9)

 ココが、展示会場のAER。
久しぶりの仙台 (7) 久しぶりの仙台 (1)

 ピンクの台紙が、塾生の部会長賞・受賞作。(「天と地」・「山川」)
          久しぶりの仙台 (4)          久しぶりの仙台 (3)

久しぶりの仙台 (2) 「春望」は、特選。


 10数年ぶりに見た書初展でしたが、審査基準が硬直化して、
お手本をそのままコピーした様な
小さい文字・余白だらけの作品が、ズラッと並びまして……、

久しぶりの仙台

あまりの個性・元気の無さに……、頭痛が!!
久しぶりの仙台 (5) 各学校から、書写の指導者が消え去り、
「個性的な指導と審査」も、消滅してしまったのです。
 「本物を見抜く眼力」が無ければ、
単純な基準(お手本とソックリか?)で審査するしか、
方法が無いのですものね……。

 教育現場の貧しさに打ちひしがれて、ボクは早々に帰宅。
(仙台には、数時間しか居ませんでした。)

 話題が、思わぬ方向にソレたので、気分を換えて
AERからの景色を どうぞ (最上階からでは有りません。)
久しぶりの仙台 (8)


3月23日の、ボビー(孫娘ボニーの弟)・ノア(拾われたミックス犬)・バド(娘アリスの弟)も どうぞ
写真展 (5)



2008/04/06 19:42|雑感TB:0CM:11