日々の暮らしの中で感じたことを、共有したいのです。

プロフィール

  デザート・ムーン (男)

Author:  デザート・ムーン (男)
 
「三世代シェルティーS」

 祖母ラン
1992年 1月28日生まれ
2010年5月7日 午後
18歳3か月9日で、 永眠。

 娘:アリス 
1994年 2月3日生まれ
2009年8月28日18時22分
15歳6か月25日で、 永眠。

 孫娘:ボニー
1998年 孫娘ボニー
5月22日生まれ
2011年3月8日(火)早朝
12歳9か月14日で、 永眠。
<津波は、3月11日(金)>


 「藤」の花・冬の凍った「月」が
大好き!
宮城県・南三陸町の「海」も、
綺麗ですヨ!
ワンsや花の写真を、
お楽しみ下さい!
(小さい写真は、
クリックで拡大!)

 学習・書道・作文・工作の『教室』を
営んでいた自宅が津波に流されてしまい、
今は仮設暮らし……。
 行者ニンニクも、
販売中!

ランキング、参加中で~す!

毎日1回、ポチッと、
お願いしま~す!
「にほんブログ村」が開けば、
投票完了!

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
シェルティーブログランキング

お勧め、過去記事!


津波関連の記事。
「パソコンから、津波の写真を……。」
「今日は、3.11のことを……。」
「東京の教え子さんへ…。」

ぜひ、覗いて下さいマセ。
  「かっとび、ボニー!!」パート2
 月下美人
 華麗なる? ジャンプ!
 隠し球?
 祖母ランのジャンプ!
 スラローム!
 孫ボニー、独唱!
 フジ!2006
 フジ!2007
 フジ!2008

最近の記事

リンク

カウンター

いらっしゃ~い!!

現在の閲覧者数:

ブログ内・キーワード検索

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

最近のコメント

ブロとも一覧


■ ブログ名:☆あんりんトウフ☆

■ ブログ名:FairyDogのわんこ日記

■ ブログ名:ちょっとひとやすみ・・・気ままな休日

■ ブログ名:Toy toy 日記

■ ブログ名:野の花とネコ達の四季

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユニークな、お店です!

クリックして、ご利用を!!

行者ニンニクの苗・加工品…格安販売!
内海農園 
巨大盛りラーメン店・しのぶ(豊里)
Bambino(バンビーノ)…ワンちゃんのハンドメイドお洋服
 
 

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

hiderinnさんの写真が、詩人とのコラボで「本」にー! 

 『 私と あなた ここに生まれて 』

100008.jpg
 和合 亮一 著
 佐藤 秀昭 写真



 出版年月日  2012/03/08

 ISBN   9784750335407

 判型・ページ数  4-6・200ページ


 定価  本体1,300円+税


内容説明

東日本大震災直後からツイッターで綴った「詩の礫」が多くの人の共感を呼び、以来
震災の意味を問い続けている詩人が書き下ろした鎮魂と再起の言葉。
被災地南三陸町在住の写真家が撮った美しい写真とのコラボレーションによる写真詩集。



【内容紹介】

3540_image.jpg


私と
あなた
ここに生まれて

ここで
手を結び
ここに いまは
一人 立ち尽くして
私は ここに
生きている

話をしよう
風と命と海鳥と
あなたと

あなたの生きた日々を
私は想っています
あなたの涙を
私の頬に流しながら


(「I 息吹」より)







「明石書店」ホームページへは、ここから跳べます!

hiderinnさんのブログへは、ここから跳べます!

 珠玉の一冊です! 
ぜひともAmazonからの、ご購入を~!!
(皆様の御友人にも、広めて下さいネー!!!)


hiderinnさんの本


 ボクは、数年ぶりのヒドイ腰痛にー! (原因は……、そのうちに公開?)
ココ数日はマッタク動けませんでしたが、今日はいくらか~。
(鎮痛剤・湿布・塗り薬は十分にあります。経験上、安静が何よりの薬。)
明日の習字は、地獄カモー!!


 ランキング  参加中
 紫のバナー  ポチッと、 お願いしま~す

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ    携帯は「ココ」をポチッ→「シェルティー・ランキング」へ!
犬ブログ シェルティー

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村




2012/02/24 17:13|シェルティーTB:0CM:3

書初展・最高賞の発表についての「裏話」を……(備忘として)。 

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
2012/02/24 15:08|シェルティー

この曲も、ボクが避難所で眠れぬまま朝まで……聞き続けた曲なのです。 

 これが、「中島みゆき」さんの「作詞・作曲」なんて~!







なのに永遠の嘘を聞きたくて 

今日もまだこの街で酔っている

永遠の嘘を聞きたくて 

今はまだ二人とも旅の途中だと

君よ永遠の嘘をついてくれ 

いつまでもたねあかしをしないでくれ

永遠の嘘をついてくれ 

なにもかも愛ゆえのことだったと言ってくれ


吉田拓郎&中島みゆき:永遠の嘘をついてくれ
(曲が出来た「いきさつ」は、ここから!)


ニューヨークは粉雪の中らしい
成田からの便はまだまにあうだろうか
片っぱしから友達に借りまくれば
けっして行けない場所でもないだろうニューヨークぐらい
なのに永遠の嘘を聞きたくて 今日もまだこの街で酔っている
永遠の嘘を聞きたくて 今はまだ二人とも旅の途中だと
君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ なにもかも愛ゆえのことだったと言ってくれ


この国を見限ってやるのは俺のほうだと
追われながらほざいた友からの手紙には
上海の裏街で病んでいると
見知らぬ誰かの下手な代筆文字
なのに永遠の嘘をつきたくて 探しには来るなと結んでいる
永遠の嘘をつきたくて 今はまだ僕たちは旅の途中だと
君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ 一度は夢を見せてくれた君じゃないか






傷ついた獣たちは最後の力で牙をむく
放っておいてくれと最後の力で嘘をつく
嘘をつけ永遠のさよならのかわりに
やりきれない事実のかわりに
たとえくり返し何故と尋ねても 
振り払え風のようにあざやかに
人はみな 
望む答だけを聞けるまで尋ね続けてしまうものだから
君よ永遠の嘘をついてくれ 
いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ  
出会わなければよかった人などないと笑ってくれ

君よ永遠の嘘をついてくれ 
いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ  
出会わなければよかった人などないと笑ってくれ



吉田拓郎&中島みゆき:永遠の嘘をついてくれ_(つま恋2006)




 ランキング  参加中
 紫のバナー  ポチッと、 お願いしま~す

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ    携帯は「ココ」をポチッ→「シェルティー・ランキング」へ!
犬ブログ シェルティー

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村




2012/02/22 23:11|シェルティーTB:0CM:0

緊急速報! 書道塾の再開。 (その2……完結かな?)  

 1月4日から8日までは午前も午後も、
10日の始業式から平日は午後のみ(土日は終日)、
出品ギリギリ23日の最終指導まで、毎日ボランティアの「書初」指導……。


 かなりのブランクで感覚を鈍らせたボクは、
手本の特徴がつかみにくかったり、
生徒さん達がズンズン並べていく作品群を
取捨選択するのにも悩んで手間取ったり、激しく疲労。
(指導後は休憩してからでも、下の血圧が100を超え、上は160以上。)


 談話室には、毛布がギリギリ6枚敷き詰められますが、
生徒さん達が座ると作品を並べるスペースが消えて。
(自宅の教室は使い易かったのだなーと、今更ながら実感。)

 先行で個人レッスンした生徒さんの母が、そんな状況を知り
「ウチの座敷を、使って下さい……。」と。
ありがたい申し出でしたが、なにぶん墨を扱う仕事。
硬筆の指導まで復活させれば、テーブルも必要に。
 手を墨だらけにした生徒さん達が家を歩き回れば、
どうなるかは、火を見るよりも……?

 思い悩んでいたら1月13日(金)の夕方、お母さんから、
「部屋を片付けました。墨で汚してもイイ様に敷物も……。」との電話。
感謝を述べて、明朝の「お引っ越し」を依頼。
急いで生徒さん達に、指導場所の変更を電話で連絡。

 翌朝、道具を車に積んで頂いて引っ越しを。
この地区に慣れていない生徒さんとは、仮設で待ち合わせて一人一人ご案内。
 
 写真に納まりきれないほど、大きなお宅。(急な坂を、ボクは自転車で通勤。)
生徒さんの自宅を借りて指導 (1)

    生徒さんの自宅を借りて指導 (2)      生徒さんの自宅を借りて指導 (3)
 12畳、ふた間。この「襖」を見て、冷や汗が~。


生徒さんの自宅を借りて指導 (4)
(「習字は2月から……。」と言ったのに、書初の締め切り後も、「来る!」と生徒さん達が~。)


 前回記事、「5年連続の部会長賞」については、追記を開いて下さいマセ……。




 ランキング  参加中
 紫のバナー  ポチッと、 お願いしま~す

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ    携帯は「ココ」をポチッ→「シェルティー・ランキング」へ!
犬ブログ シェルティー

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村







この記事の続きを読む…
2012/02/18 20:55|シェルティーTB:0CM:7

書道塾の再開。 (その1……かな?) 

 例年なら、10月中旬には始めていた「書初」の指導。

今回は、11月になっても……まだ。





 幼児から通塾している生徒さんも、
国の指導要領により学校での毛筆は、やっと小3からのスタート。





 そんな小3から、
毎年「宮城県・仙台市 小・中学校児童生徒 書きぞめ展覧会」(長い~)
最高賞を、連続で受賞している女の子。




 その子が、
避難所に居るボクに何度も電話をくれて、
「教室は、いつから?」
「ウチに使ってない十二畳の部屋が、二つあるから……使って。」とまで。

 当時のボクは、本当に励まされー!
(でもボクは、民家が墨に汚れる事を恐れて借りるまでには。)

 まして、すでに
「古い地区集会所」 (取り壊しを免れ農薬庫となり、水道・トイレなし)
を借りており……。
 そこに何とか仮設トイレも設置してからも、
9月8日まで避難所・閉鎖後の後処理を続けて。

 ボクは、その後もイロんな団体の窓口を、継続。

 その子が5年連続の受賞を目ざす賞は、
宮城県連合小·中学校教育研究会書写部会・部会長賞
(な、長い…… 通称:部会長賞)。

 しかも、彼女は今年 中1に……。
課題は、「行書」へと初めて変化。

 津波の前から彼女の希望を知るボクは、
アセる 一方!
ようやく11月末に、仮設の四畳半で個人レッスンを開始。
部活からの帰宅時間と競争し、週1から週2へ指導日を増。


 やがて、年末には全ての生徒にも急きょ声掛けを。

電話の向こうで
お母さんが塾生に向かって、
「急なので、明日からでもいいって。どうする?今日から行く?」
と伝える声が……。
遠くから、生徒さんの声が聞こえ、
「行く、行くー! 今日、行く~!!」
というコトに……。

 みんなは、待っていてくれたー!!!(涙)
年末の我が四畳半には、2・3人ずつが入れ代わり立ち代わりの出入り。


 新年は4日から、仮設の「談話室」の使用がOKに!
我が仮設の自治会長と住民の皆さんに、感謝~!!!
談話室を借りて指導 (1)
 以来、午前と午後に毎日の指導を。(その間も、ブログは「休眠」に。)
談話室を借りて指導 (2)
 窓の作品、硯を拭く「やり紙」寸前のレベル。でないと、もったいなくて貼れないし……。
(立てかけてある「一輪車」、自宅址から回収! ロープは、ボクの父が巻いたままに。)
 


 今日の所は、ひとまず
ここまでと。


※ お時間のある方は、追記を開いて……ネ。




 ランキング  参加中
 紫のバナー  ポチッと、 お願いしま~す

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ    携帯は「ココ」をポチッ→「シェルティー・ランキング」へ!
犬ブログ シェルティー

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村





この記事の続きを読む…
2012/02/12 23:35|シェルティーTB:0CM:5

(数週間前に書いていた、番外編ですが……。)  「なんか、フラッシュ・バック?」 

 高校避難所では、
初期の忙殺時期
倒れこむように眠り込んでも、
深夜や
未明に
「覚醒」してしまい……。

 やがて高校避難所の救護所で
入眠剤を頂いてからも、
遅い時間の服薬は
翌日の役目に「ひびく」ので、
薬を使えない日も……。



 過去記事に書いたように、
酒好きのボクが
震災後は酒を飲みたくない時期がズッと継続。


 そんな中、
高校の先輩である「模試会社の社長」が、
御自身の名義でネットにつなげるPCを、
売って下さいました。



 ず~と前
(それも、かなり以前に)、
NHK「紅白」のライブで
吉田拓郎さんの結成グループが出演した時に初めて聞き、
強く印象に残ったメロディーラインが、

高校避難所で眠れない時に、
なぜか
よみがえり
ムショウに聞きたくなりました。

(歌詞ではなく、メロディーラインだけでしたが。)

 眠れぬままにネットで検索し、
動画を見つけて……。


 代表のボクは周囲に気を遣い、
イヤホンで
この動画を夜明けまでエンドレス再生しながら、
何とか「眠ったつもり」になっていました。



 避難所閉の後(仮設に入って)からは、
逆に「きけない動画」へと……
変わってしまい。







 
 ボクの感性が

三世代シェルティーSと一緒に居た頃へと、

むかいつつ有る今、

また「きける動画」へと

なるのかも……?



 仮設の夜にも、覚醒や寝汗が……。
(ボクには、また入眠剤が必要なのかな?・笑 )


『外は白い雪の夜』 (By:吉田拓郎)




 ランキング  参加中
 紫のバナー  ポチッと、 お願いしま~す

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ    携帯は「ココ」をポチッ→「シェルティー・ランキング」へ!
犬ブログ シェルティー

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村






2012/02/10 23:43|シェルティーTB:0CM:5

布石を、やーっと更新! 

 実は12月3日
過去記事は(ここをクリック)
の記事では 、
ボクが使いたかった写真が見つからぬままに、
更新してしまいました。


 その後、
過去記事を検索したり、
津波から奇跡的に戻ったメモリーカードなどを
見直したり……。
 
 どうにか、
見つけてはいたのですが更新せず、
やっと更新を~!

P1050384(1).jpg (クリックで別窓、最大写真も可能です。)


7月31日(金)

2009  7  31 (初公開の写真?)
 懐かしい「夏祭り広場」は、
2009  8  1 (初公開の写真?)

夕焼け
こんな風に姿を変えていました……。
 ↓ 昨年の10月27日(木)に撮った「仮設の魚市場」、
10月27日(木)  (2)

.10月27日(木)  (3) その隣(写真奥のフェンス内)には、
その後まもなく、
別の建物が建ちましたヨ ↓ (12月18日に、撮影)。
2011  12  18(1)

’09志津川湾・夏祭り (8・1)  (2)

P1050437(1).jpg
(この子が誰だか、分かりますか?)




2011  12  18(2)
 シーズンではない12月に、20キロも自転車で走るなんて、
昔は考えれれませんでした(写真は12月18日)。


 1月の26日、自転車での歯科通院の帰り、道路の掲示版はマイナス4℃でした。
下はジーンズ1枚でしたが、ギヤの関係でペダルを早く回したら、寒くありませんでした。
(仮設での生活に鍛えられて、若返ったか?・笑)

 娘アリスの誕生日だった2月3日(節分)の朝には、マイナス16℃まで下がりました。
仮設は海から内陸に入っているため、志津川のアメダスよりも寒いのです。
(仮設の貯水槽が冷え過ぎ、警報とともにタンクの黄色いランプが回転。仮設中が数時間、断水に……。)







 ランキング  参加中
 紫のバナー  ポチッと、 お願いしま~す

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ    携帯は「ココ」をポチッ→「シェルティー・ランキング」へ!
犬ブログ シェルティー

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村





2012/02/09 18:48|シェルティーTB:0CM:3

本日の夕方、「手すり」の設置工事から帰宅。 (珍しく、新鮮な日記です!) 

 今朝8時半からと帰宅後の夕方、
我が仮設の2軒に
風呂場の「手すり」を
支援して頂きました。
(夕方、80代の女性に設置したら、その時に作っていた美味しい鍋を頂きました~。)



 そんな2軒の設置には、
津波直後の高校避難所から何十回も通い続けて下さる、
「岐阜の介護用品会社の社長」が、その地元で
スポンサーを探して下さったのです。
 
 ボクは今朝、
我が仮設の、
裏地も無い浴室の壁(極薄の石膏ボード)に、
初めて「手すり」を取り付けました。
(前回、御なじみの従業員さんが、施工方法を見せて下さったのですが、
ボクが実際にやってみると上手くいかず、かなり時間が掛かりました。)


 日中には、
南三陸町の仕事としての「手すり」工事のお手伝いも、ボクは初体験。
 一か所の「ケガキ」をミスし、ビスの下地補強がズレてしまい、リカバリに手間取って……。
(次の約束時間に間に合わず、それ以降が「押す」ことに!! 社長、済みませんでした。)



 今日も、いろんな人々との、
中身が濃い「再会」が続きました。
ボランティアさんのお手伝いは、色んな「出会い」をもたらし……。)



 で、
今日の最後となった
「隣の市に建つ南三陸町の仮設」でも、

ラストに
こんなコトが。


 町の職員たちと訪れた仮設には、
とても懐かしい顔が……。

 病弱だったボクが、
小学4年から頻繁に(ほぼ毎日)
通院した町医者の、
「優しい婦長さん」でした。

 「懐かしいですね! その節は、お世話になりました。」などの挨拶した後、
みんなで「寒いから、中に入ってて。」と……。玄関ドアは、閉じられました。
そして職員さんたちに、
「さっきの方は元婦長さんで、注射がとても上手。痛くないんです。
院長の信頼が、とても強かった……。」と話したら、
「私の仕事、知ってるの誰?」と、
元・婦(師)長さんが再登場。

 今は御高齢で、
ボクの顔を見ただけでは、
イマイチ思い出せなかったのでしょうネ。

 ボクの母は結構ポピュラーだったので、
「○○先生の、息子です。」と言ったら、
「○○先生(=ボクの母)は、元気?」と、母のことを覚えておられました。


 玄関ステップの工事が終わり、
「婦長さん」と笑顔で別れたものの、
(ボクの名刺、渡そうかな?)と思い直しました。


 名刺を持ち、玄関に戻って

渡しました。


 名刺の裏に印刷した
三世代シェルティーSの写真を見た瞬間、
元・婦(師)長さんは、

「(デザート・ムーン)さんかー!! 

(あなた)小さい頃は、

かわいかったヨな~。

涙が出てきそうだよ……。」

と言いながら、

もう
泣いておられました。


 幼いボクの顔を、
思い出して下さったのです。

本当に、お世話になった方なのです……。

(成人してからも
しばらくはボクの上腕の形が変わっていたほど、
多くの注射を続けたのでしたが、「婦長さん」は痛くないように……と。)

 ボクも、
目頭が熱くなりました……。
(さすがに、町職員の女性たちの前では涙を見せられず、ボクは ガ マ ン か ? )



 それにしても

三世代シェルティーS……、

多くの皆さんの

心の中に


深く 深~く、


刻んで頂いています。


 今も尚

皆さんの胸に……。


(名刺ウラの写真は、以下です。)
20060425173425.jpg


 あ り が と う 。
( す べ て の こ と に )




 ランキング  参加中
 紫のバナー  ポチッと、 お願いしま~す

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ    携帯は「ココ」をポチッ→「シェルティー・ランキング」へ!
犬ブログ シェルティー

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村






2012/02/06 21:53|シェルティーTB:0CM:5