日々の暮らしの中で感じたことを、共有したいのです。

プロフィール

  デザート・ムーン (男)

Author:  デザート・ムーン (男)
 
「三世代シェルティーS」

 祖母ラン
1992年 1月28日生まれ
2010年5月7日 午後
18歳3か月9日で、 永眠。

 娘:アリス 
1994年 2月3日生まれ
2009年8月28日18時22分
15歳6か月25日で、 永眠。

 孫娘:ボニー
1998年 孫娘ボニー
5月22日生まれ
2011年3月8日(火)早朝
12歳9か月14日で、 永眠。
<津波は、3月11日(金)>


 「藤」の花・冬の凍った「月」が
大好き!
宮城県・南三陸町の「海」も、
綺麗ですヨ!
ワンsや花の写真を、
お楽しみ下さい!
(小さい写真は、
クリックで拡大!)

 学習・書道・作文・工作の『教室』を
営んでいた自宅が津波に流されてしまい、
今は仮設暮らし……。
 行者ニンニクも、
販売中!

ランキング、参加中で~す!

毎日1回、ポチッと、
お願いしま~す!
「にほんブログ村」が開けば、
投票完了!

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
シェルティーブログランキング

お勧め、過去記事!


津波関連の記事。
「パソコンから、津波の写真を……。」
「今日は、3.11のことを……。」
「東京の教え子さんへ…。」

ぜひ、覗いて下さいマセ。
  「かっとび、ボニー!!」パート2
 月下美人
 華麗なる? ジャンプ!
 隠し球?
 祖母ランのジャンプ!
 スラローム!
 孫ボニー、独唱!
 フジ!2006
 フジ!2007
 フジ!2008

最近の記事

リンク

カウンター

いらっしゃ~い!!

現在の閲覧者数:

ブログ内・キーワード検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

ブロとも一覧


■ ブログ名:☆あんりんトウフ☆

■ ブログ名:FairyDogのわんこ日記

■ ブログ名:ちょっとひとやすみ・・・気ままな休日

■ ブログ名:Toy toy 日記

■ ブログ名:野の花とネコ達の四季

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユニークな、お店です!

クリックして、ご利用を!!

行者ニンニクの苗・加工品…格安販売!
内海農園 
巨大盛りラーメン店・しのぶ(豊里)
Bambino(バンビーノ)…ワンちゃんのハンドメイドお洋服
 
 

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ここ数日のコト……。(重たいハナシかも) 

 昨日、
82歳になる母が、昨年の暮れも押し詰まってから
ようやっと入所することができた、
「グループ・ホーム」に行ってきました。

 先月、3ヶ月の入院から退院したばかりの、81歳になる父も連れて……。
(ちなみに、父はアルコール性の肝硬変で入院してました。)

 紫紺と白の「藤」と、「孔雀サボテン(ペガサス)」を持って……。
20060524205806.jpg


 JRに乗って、行ってきました。
20060524205815.jpg



 

 今日は、
「チリ地震津波」(1960年)の記念日であり、
私の姉の命日です。

 でも私は、姉に遭ったことが有りません。
私が生まれる前に、9歳の若さで、
「チリ地震津波」に、呑み込まれて死んでしまったからです。

 そして、姉が死ななければ、私は生まれませんでした。
姉の死があったからこそ、高齢出産でも、あと一人「子供」を
と、望まれたのです。

 しかし、私と母をつなぐ胎盤は、早期に剥離しました。
そこで、予定日よりも早く、帝王切開で、
未熟児の私は生まれました。
(その未熟児も、こんな歳になり、そのダメージが、
尚いっそう、顕在化しています。)

 帝王切開後の輸血で、母はC型肝炎に感染しました。
そして、その「子供」が30歳に近づく頃、母の感染が発覚しました。
しかし、時は既に遅く、母は今・末期の肝硬変です……。
 前頭葉には、大きな脳腫瘍も有り、認知症も進んでいます。
肝臓病による脳症も、起こります。

 そんな母が、
どんなに医師・医療を切望し、
どんなに入院を懇願しても、
「日本」という貧しい国からは、
必ず「在宅介護」
を命ぜられてしまうのです。

 私自身も病弱な為、自宅での塾という道を選択してきました。
そんな私一人の男手で、病を抱えた80過ぎの両親を介護しつつ、
隣の部屋で授業をする……という生活が、1年以上も続きました。


 地元の街にある病院・近隣の老健施設・その他・諸々からは、
資格審査の基準が母に合致せず、また、空き待ちが数十人だ!と、
どこからも断られ続けました。
(ひどい施設は、母が飲んでいる薬の種類が多過ぎる!
と言って、断ってきました……。イジメでしょうか?)

 介護だけでなく、各施設との交渉にも疲れ切って、
私は、精神的にもボロボロになりました。

 最後に母の入院を断った、ある病院のコーディネーターが、
この状況を不憫に思い、独自に探して下さったのが、
昨日見舞ってきた「グループ・ホーム」だったのです。

 母は、高齢になってから乳癌も患い、
片方の乳房も切除しています。

                            母の人生って……。


 昨日と今日とで、考えさせられました……。

(ちなみに、明日は、
早朝より、父を2週間に1度の通院に、連れて行きます。
相変わらずのJRで、1時間以上かかる所まで……。
帰宅は、何時になることやら……。)





関連記事
2006/05/24 21:11|雑感TB:0CM:17

コメント

おじゃまします
お久しぶりです
病院、介護施設には資格審査というものがあんですね
そして、飲んでいる薬の種類が多いとかそういうことで
断られてしまうというのは
本当なんなんだろうかと思います。
これからますますの高齢化社会で、このような差別
みたいなものが増えていかないことを願いたいです。
紙葉の魚 #-|2006/05/25(木) 22:46 [ 編集 ]
お久しぶりでーす。
ええ、ホントにお久しぶり。スマソ。
他人のうちで暗い話したくないんで、この記事に対するコメントは控えますけども。
私自身ではないですが、私の家族にも、難病奇病に掛かってた人いるわ、周囲に癌患者大量発生だわ、一年に何回入院すんのとか…笑えない話ばっかりだけど、寧ろ笑って話しちゃおうよって感じなので(何それ)
なんとなく触りか、輪郭か、そんな程度にならば判ります。

でもまぁ、そんな話、してもしょうがないので。

すんごい前の話になりますけども、月下美人の画像をやっとこさ発掘しまして載せましたので良かったら暇潰しにどうぞ。
他、色々腐ってるのでお絵かきは見ないほうがいいと思われます(ニッコリ)
女性推奨なんで…;;;

では、乱筆乱文失礼いたします~。
あすちん #9kA7E2gM|2006/05/25(木) 23:49 [ 編集 ]

 担当医は、「固まった肝臓から胃・食道にかけて、
マスクメロンの網状に静脈のバイパスが走り、
そこには静脈瘤が多数、きっと直腸も、同様だろう。
吐血・下血すれば、救急車の中で絶命する。」
と断言しているのに、入院の必要は無しなのだそうで……。
 こうなると、内科医の常駐していない施設には、入所できません。

 また、母は肝硬変による糖尿病で、1日3回のインスリン注射をするため、
看護師のいない施設も、必ず断ってきます。
(でも、家では、看護師でもない私が注射するのですよ。
フシギなハナシですヨネ。)

 内科医・看護師OKの施設は、80人前後の待機者がザラです。
空きがある施設も、自社で大量買付けしている薬以外を使うと、
利益が出ないため、薬の種類を理由にして、断ります。

 ごく一般的な、ノドの常在細菌が陽性だと、
「院内感染が危険だ。」と言って、断る所まであります。

 患者の年収が多すぎたり、同居家族がいる場合は、
普通の老人ホームには、入れません。
 
 結局、手数のかかる「認知症」老人は、
どこも行き場が無いのが、
現状なのです……。(信じられますか?)

 この先、若者が減り続ければ、
未来の老人タチは、もっと悲惨に……。

 今回は、あえて重い話題(事実)を取り上げました。
次回は、また復活いたします、ワンsの話題が!
 こう、ご期待!!
  デザート・ムーン #-|2006/05/26(金) 08:09 [ 編集 ]

紙葉の魚 様、コメ有難う!
 青文字の文章に、このタイトルを入れませんでした。
失礼いたしました。
  デザート・ムーン #-|2006/05/26(金) 08:14 [ 編集 ]
あすちん 様、いらっしゃい!!
 記事には書けない、もっと凄いことが山ほどあるのです。
触りの、そのまた触りだけを書きました。
 読んだヒトが立ち直れなくなる様な、もっと悲惨なハナシは、
公開を控えました……。
 
 月下美人、拝見しました。まさに満開の瞬間ですね。
コチラでは、やっと鉢を外に出したところです。
 暖かい地方では、第一回目が開花してるのでしょうネ。

 是非、またお訪ね下さい!
 デザート・ムーン #-|2006/05/26(金) 08:40 [ 編集 ]
http://sarah.a-thera.jp
まだ自分の両親が健在なのと自分達家族もそこそこ若いということで、介護や病気に関して
真剣に考えてなかったのですが(しっかり介護保険料というのはサラリーからひかれてますが)、大変なことなんですね。これから老人が激増するなか、日本国の社会システムはどうなってしますのか怖いですね。
ティナまま #-|2006/05/26(金) 16:06 [ 編集 ]
ティナまま 様、いつもありがとうございます!
 現在、国の方針で、老健施設の新設に、歯止めを掛けています。
地域に収容人数の「ワク」を設け、乱立を制限しています。
しかし、待機中の高齢者は、膨大です。
 空きがあっても、入所には月に13万円前後の、基本料金が掛かります。
(オプション料金や医療費、お小遣い等は別です。)
 こちらの様なド田舎では、世帯主が15万前後の収入なんていうのはザラですから、
老人の年金だけでは、とても入所させられません。
 それなのに、月に5~6万で入所できる安価な施設(補助金が出されている)は、
本当に不足しているのです。
 
 今後、どうなることやら。皆、平等に老いるのに、老いた老人の扱いには、
極端な格差があるのが現状です。そして、拡大のスピードには、
きっと拍車が掛かるのでしょうネ。

 今のお年寄りは、まだシアワセなのかもしれませんヨ!
 
  デザート・ムーン #-|2006/05/26(金) 19:07 [ 編集 ]
つきなみですが・・・
デザート・ムーンさん、頑張って!
ご両親の介護、病院通い大変だと思います。
現在、MoMoと一時帰国中の私も、先日、実家の父の具合が悪く、何度か一緒に病院に行きました。だんだん、親も年をとり、不安なことでいっぱい。
デザート・ムーンさん、今は辛いことだらけなのかもしれませんが、可愛いシェルティーちゃんたちに囲まれているじゃないですか。
そのシェルティーちゃんたち、3匹を電車で移動させるのもスゴイ。
私なんて、MoMoだけでもへぇーへぇーしてるのに、ホントにスゴイです。
chama #9rjWiv8.|2006/05/29(月) 21:31 [ 編集 ]
chama 様、お励ましに、感謝いたします。
  chama さんの、ご実家のお父様が、
早期にご快復なさることを、お祈りいたします。


 母の在宅介護で、
ずっと3ワンにも手が回らなかったい時は、
娘犬アリスが、円形脱毛になってしまいました。
(私の胃も、やられましたが……。) 

 母は今でも度々、施設から抜け出して、
行方不明になります。
電話が鳴る度に、ドキッとします。

 自分も、やがてはあんな風になるのだろうなあと、
両親の姿に、行く末を重ねてみたりもします。
 まあ、その時はその時!
世の中、なるようにしかナランし、と……。
chama さんの、お励ましの言葉に元気を頂きつつ、
ブログを更新いたします!

  デザート・ムーン #-|2006/05/30(火) 10:49 [ 編集 ]

プロフィールに、しっかり男の方だって書いてありましたね、失礼しました。
お花が、お好きなのですかっり女の方と思い込んでいました。

お母様ようやく入所出来て良かったですね、そこはずっといられる所ですか?
入るそばから次を探しておかなければならない話をよく聞きますが・・。
両親同時の介護する方も多いですよね。幸いにして病院探しには母、父共苦労をしないで済んでいますが、介護話、身につまされます。
この話は内緒話で別に書きます。
ぷろきおん #-|2006/06/02(金) 00:13 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2006/06/02(金) 02:25 [ 編集 ]
ぷろきおん サマ、有難うございました。
  ぷろきおん さん・他1名から、女性だと思われていることが
分かったので、早速、プロフに(男)などを入れました。
(介護に追われて、だいぶ花も枯らしましたが……。) 

 長文のコメも、有難う御座いました。それぞれに、病の軽重が有り、
置かれている事情も様々だと、今更ながら痛感いたしました。
 ぷろきおん さん、お父様も、大切になさってください。

 家庭作り・親子関係の構築にも失敗した我が家族から、
兄夫婦も去り、ボクは一人身を続けてきました。
そして、親との3人暮らしの土壇場で「仕事場での介護」に
直面し、福祉の制度・兄夫婦・親族・仕事・将来……と、
色々とゴタゴタが入り組んで、その一つ一つに、
神経が切り刻まれて……。

 親の若い頃を知る分、現在の姿がより痛々しくも有り、
かといって、どんな姿になっても、そこは「親」であり、「子」であり、
してあげたいことは、多々あります。
(花鉢の無い時、孫ワンだけでも、面会に連れて行きましょう。)

 私が中高生の頃、両親が学校勤めの間、祖父も介護しました。
ボクが母のお腹にいた頃からお世話になったご近所さんの家は、
私にとって、本当の家庭であり、そのご夫婦の末期にも、ご家族とともに
毎日、病院につめて、徹夜もしました。末期癌では、肺に溜まった水で、
自ら溺れて苦しむ最期も看ました。葬儀には、家族として臨席しました。
 私の両親の介護は、これから先が本番。しかも、日程表は有りません。
いつ、どうなるのか、いつまでか、予測が不能です。

 だから、ぷろきおん さんのおっしゃる通り、無理はせず、
頑張らずに行こうと思います。

 母が長年、強引にのみ続けた種々の売薬を
をやめさせたら、逆に母の肝機能が落ち着きました。
 そして、運動機能も改善し、施設から度々抜け出して、
行方不明になります。グループホームなので、
施錠設備も甘いのです。
 母は、若い頃からの鍛え方が違う人間ですから、
日々刻々と変わる、夢のような「欲求」が実現するまで、
超人的なチカラを発揮し、行動します。
(自宅でも、そうだったのですが……)

 原則的に、このNPO施設は何年でも入所が可能ですが、
日中でも人手不足の上、夜間1名の職員で、対応に限界が
くれば、退所になります。(24時間体制の専従チームでさえ、
対応しきれないのですもの……。)
 もちろん、制止を聞かずに出歩く患者は、一般病院には
入院できません。

 電話の音に、不安を掻き立てられる毎日ですが、
なる様に・なるがままに、やっていこうと思います。

 ブログは、介護が始まった頃から開設を勧められていましたが、
その頃には、そんな余裕なども無く、最近の開設となりました。
 世代・土地柄の違った方々と、こんなに簡単にやり取りが出来て、
皆さんの励ましに、チカラを頂いて、感謝しております。
 いい時期に、開設できたと思います。
 
 いつもご心配をお掛けする ぷろきおん さんには、今後とも色々
ご相談致しますので、宜しくお願いいたします。
  デザート・ムーン #-|2006/06/02(金) 11:32 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2006/06/21(水) 06:16 [ 編集 ]
デザート・ムーンさん
記事読ませていただきました。先ほどコメント入れさせていただいたのですけれど、
一言だけ書かせてください。私自身も仕事がら(ヘルパーをしています。)介護のこと
福祉、ボラティア 思うこと、考えること、たくさんあります。グループホームにも研修に
行きました。いろいろな環境で過ごされている方がいらっしゃいます。すこしでも高齢者にやさしい世の中になってくれたらと祈るしかないのかなと・・・
P.S 私は明るくお仕事がんばります!!
lurkママ #-|2006/10/25(水) 22:36 [ 編集 ]
lurkママ さま、母は今、入院中です。
 母は施設で昏睡となり、先月から1ヶ月ほど入院し、先日やっと退院したら、
数日でまた入院。今日も、JRで見舞いに行き、院長と今後の方針を相談します。
 明日は、埼玉から叔父夫婦が見舞いに来ます。父も入所しており、
そちらにも連れて行かねばなりません。
 施設に勤務なさっている方々、病院や訪問の看護士さん達にも、本当にお世話になっています。
 今は、すがれる方々皆さんの力を借りて、何とかやっています。
(ただ、自分の健康・生活設計etc.が、どうしても後回しになりますが……。)
 lurkママ さんも、お仕事頑張って下さい。そして、皆さんに、元気をあげて下さい!!
 
 デザート・ムーン #-|2006/10/26(木) 09:55 [ 編集 ]
デザート
お母様たいへんだったのですね。さぞ心がいたまれたと存じます。
改めて記事を読んでみました。まだ家族の立場にたったことがない私は
なんとコメントしていいか言葉が見つかりません。(でも両親を見ていると少し前は
できていたことがだんだんにできなくなっているんですよね)
どなたかが書かれていた様に無理をしないで、頑張らないでください。
人には頼ってもいいと思います。そのために意医師、看護師、介護に従事している
人がいるのですから・・・
またステキな記事を作ってくださいね!楽しみにしています。
P.S食事はきちんと取ってください。力の元ですから!(お仕事も経験から)
lurkママ #-|2006/10/26(木) 20:40 [ 編集 ]
lurkママ さま、ありがとう御座います。
  lurkママ さん、ご心配をおかけいたしましたが、母は近日中に退院できそうです!
施設に戻ったら、早速まごのシェルティー(ボニー)だけでも面会させたいと思っています。
 ずっと念願していたのですが、父の治療・入退院・入所と、母の入退院が重なり、
未だに実現していませんでした。
 明日は叔父・叔母に、覚醒した母と面会してもらえるので、ホッとしています。
lurkママ さんには、お忙しい時間を割いて記事を読んで頂き、コメまで頂戴しまして、
本当に感謝いたします……。そのうち、記事を更新しますので、お楽しみに!
(実は、湘南には、ある憧れが……。近々そちらへのコメで、真相をお伝えいたします!)
 デザート・ムーン #-|2006/10/26(木) 21:19 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://desertmoon.blog55.fc2.com/tb.php/15-ba3c3f01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。