日々の暮らしの中で感じたことを、共有したいのです。

プロフィール

  デザート・ムーン (男)

Author:  デザート・ムーン (男)
 
「三世代シェルティーS」

 祖母ラン
1992年 1月28日生まれ
2010年5月7日 午後
18歳3か月9日で、 永眠。

 娘:アリス 
1994年 2月3日生まれ
2009年8月28日18時22分
15歳6か月25日で、 永眠。

 孫娘:ボニー
1998年 孫娘ボニー
5月22日生まれ
2011年3月8日(火)早朝
12歳9か月14日で、 永眠。
<津波は、3月11日(金)>


 「藤」の花・冬の凍った「月」が
大好き!
宮城県・南三陸町の「海」も、
綺麗ですヨ!
ワンsや花の写真を、
お楽しみ下さい!
(小さい写真は、
クリックで拡大!)

 学習・書道・作文・工作の『教室』を
営んでいた自宅が津波に流されてしまい、
今は仮設暮らし……。
 行者ニンニクも、
販売中!

ランキング、参加中で~す!

毎日1回、ポチッと、
お願いしま~す!
「にほんブログ村」が開けば、
投票完了!

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
シェルティーブログランキング

お勧め、過去記事!


津波関連の記事。
「パソコンから、津波の写真を……。」
「今日は、3.11のことを……。」
「東京の教え子さんへ…。」

ぜひ、覗いて下さいマセ。
  「かっとび、ボニー!!」パート2
 月下美人
 華麗なる? ジャンプ!
 隠し球?
 祖母ランのジャンプ!
 スラローム!
 孫ボニー、独唱!
 フジ!2006
 フジ!2007
 フジ!2008

最近の記事

リンク

カウンター

いらっしゃ~い!!

現在の閲覧者数:

ブログ内・キーワード検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

ブロとも一覧


■ ブログ名:☆あんりんトウフ☆

■ ブログ名:FairyDogのわんこ日記

■ ブログ名:ちょっとひとやすみ・・・気ままな休日

■ ブログ名:Toy toy 日記

■ ブログ名:野の花とネコ達の四季

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユニークな、お店です!

クリックして、ご利用を!!

行者ニンニクの苗・加工品…格安販売!
内海農園 
巨大盛りラーメン店・しのぶ(豊里)
Bambino(バンビーノ)…ワンちゃんのハンドメイドお洋服
 
 

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

今日は、3.11のことを……。 

 地震が起きる前、ボクは
教室の仕事用デスクトップで、
「青色申告」の打ち込みを。

 そして、あの大きな揺れが……。
(やっぱり来た、これが例の宮城沖地震か!)


 ボクは先週……いや、もっと前から嫌な予感が。
(膨大な写真のデータを、ネットのサーバーに保存しないと……。)
などなど、ずっと考えていたのに実行せず。


 教室のテーブルには、
孫娘ボニーの「お骨」と花々を供えていた。
花瓶の横にノートPCもあり、
揺れで倒れPCを濡らさぬ様にと、
立って両手の指で2つの花瓶を支える。

(建物が潰れる揺れ方ではない……。)と直感。
ひざを曲げ、揺れを逃がす。
だが長い……。
落ちそうになった「ガラス細工」のケースを、押して戻す。

 冬越しの為、部屋に入れていた植木鉢が落ちて、
あちこちからガシャンガシャンと音が!

 やがて、停電。
(打ち込んだ、申告のデータがー!)

 強い揺れは、何度も!
(おさまった時、とりあえず玄関を開ける。)


 大きい地震は、もう来ないと判断。
倒れてもいいように、花瓶を玄関の「たたき」に置き、
ご近所の安否確認に出る。

 お隣のおばあさん……、施錠。
(田舎で昼の施錠は、留守の意味。)
坂を下りて、下のおばあさんの家に。

 声を掛けると、実の娘さんが恐怖に震え、
手で胸を押さえて、おろおろ。

 また何度も、余震が……。

ボク:「大丈夫?お母さんは?」
彼女:「芸能祭を見に、○○会館へ行ってる。
   この辺は、みんな一緒に……。
   どうしよう。ここまで水、来ないよね?」
(彼女は、51年前のチリ地震津波を、覚えている年齢かも。
昔、老人に聞いた話では、海水がこのお宅の前まで来たと。)
ボク:「JRのガードからは、水が来るかも……。」などと、
しばし立ち話を続けて、「みんなが留守か、見てくる。」と走る。

 高校下のおばあさんも、その隣の老夫婦も、やっぱり施錠。

引き返しながら、
(バド母さんの所に、自転車で行こう!)
と考えたが、
同時に、
(行けば、ボクは戻らないかも?)
という予感も、どこかに。

 さっきの所で、また娘さんに声を掛けてから、
そこを通り過ぎて、足の弱い方の安否を確認に行く。

 そのおばあさん、
室内に声もなく座り込み、
ただ涙を流す。
 ご主人は、仕事で留守。
その携帯番号を聞いて掛けるが、もう不通。
避難する気のないおばあさんを説得、
車庫から「手押し車」を出して、
小高い向かいの家へと一緒に歩き出す。
そこへ、嫁いだ娘さん?が車で迎えに。
避難させるということを確認し、
車を見送る。(今は、中学校避難所に。)

 そのまま向かいの家に行くと、おばあさんが外に出て心配顔。
「じいさんが芸能祭に行って、まだ帰らない。何をしてるのか!
津波は、ここまで上がらないよね?」
(ボクの家より、少し低い場所の住民。)
ボク:「波が来なくても、余震で家がダメになるかもしれないから、
貴重品を出して避難の準備を……。」と、ここでも立ち話。
それから、さらに奥の2軒を確認。
 1軒はいつも施錠するお宅なので、インターホンを押し不在を確認。
(住人は、この後に帰宅して避難。
ガレキに挟まれ、足を骨折。ヘリコプターで搬送…とか。)
もう1軒は、声を掛けても無反応。ボクは、留守だと判断。
(避難所に猫を捜索に来たお嬢さんは、この時まだ家に居て
「猫と一緒でないと…」と言っていたとか? 3匹中、高齢の1匹を失う。)

 自宅の下まで戻ると、誰かが
「避難して下さい!」と叫ぶ声が聞こえた。
さっき確認した留守宅に、人が?……と見に行ったら、
駅の向こう側に住むおばあさんが、
愛犬と一緒に歩いて避難してきたのだ。
「でも、みんな留守だった……。」と。
(愛犬と700メートル以上も歩いてきたのだから、
この時点で地震から、かなり時間が経過していた。)

ボク:「ドッグフードは?」
飼い主:「持ってこない……。」
ボク:「ウチのを、あげるから……。」と、坂を上って
室内のガラクタをかき分けて、やっとフードをさぐり出す。
 
が、いくら待っても上がってこない。
(声を掛けずに、避難施設へ行ったか?)と思い、
裏の畑を歩き、町の指定避難施設へ。

 やっぱり、そこにワンコと飼い主が居た。
フードを渡したら、
別の知り合いが高齢ワンコを連れていた。
(そちらも、フードを持たず……。)
ボク:「後で、持ってきてあげるね。」とは言ったものの、
後で…では混乱して会えない?…と思い直して、すぐに帰宅。
再びガラクタの中から、フードを取り出す。

 家を出て、裏の畑を小走りに行くと、
上の高校から「キャー」という声が。
(津波だな……。)

 ボクは走って、指定避難施設の飼い主の所へ。
フードを渡して、ボクは写真に記録しようと、
避難施設の上に建つ県立高校への階段を登る。

 そして、シャッターを切った……。





 ここまで読んで、お気付きの方が、きっと……、

でもボクは、あの時に気付けなかった、
母の帰りを待っていた娘さんのことを……。

 ワンコ連れのおばあさんと一緒に、
てっきり避難施設に行ったとばかり……。

 彼女の行方は、今も……。



東北地方太平洋沖地震に係るプレス発表資料 (南三陸町のHPより)
 
 4月30日(土)午後3時

■避難人員 6,665人
町内避難所:40箇所、6,116人
町外避難所:5箇所、549人

■集団避難人員:1,309人

■昨日現在で
 搬入遺体数      503体
  うち身元確認済み  397体

関連記事
2011/04/30 22:05|未分類TB:0CM:9

コメント


人の生死の明日は誰にも分かりません。
あと一分、家を出るのが違ったら遭わなかったかも知れない事故もたくさんあります。
人の背負う一生は、ありのままを受け入れる事を始めないと前に進めません・・・
そこにたどり着くまでには沢山の日々を超えなければなりませんが・・・

私も、幾度も手術室の天井を見ました。
そして生かされました。
そして生かされたことで犬猫の引き取りを始められ、こうしてデザート・ムーンさんと繋がる事も出来ました。

沢山の亡くなられた方・行方不明の方のことを思うと言い様のない悔しさと、言葉にならない悲しみが・・・
ただただご冥福をお祈りするしかありません。



FairyDog #-|2011/05/01(日) 07:55 [ 編集 ]

先日のバド母さまのことに続き、3月11日のことをこうして書くことがどんなにつらいことだったかと思うと、どう言葉をかけていいものかわかりませんでした。今日は、コメントを書かない方がいいのではとも悩みましたが、やはり、気持ちを伝えることを選ばせてもらいました。
バド母さまのところに行かなかったことやお母様を待っていた娘さんのところにもう一度声をかけなかったことで、デザートムーンさんが責任を感じているように思えてならないのです。あの日、多くの行動が、判断が明暗をわけました。防災のマニュアルも日頃の訓練も、役にたたなかった例がたくさんあったようです。あのような状況下で平常心で行動することの難しさをあらためて思い知らされました。
人は、時にあの時こうしていればという後悔の念をいくつも重ねて生きています。私自身もそうです。
でも、時間をもどすことはできません。前に向かうことしかできないのです。良いことも悪いことも、うれしかったことも辛かったことも、すべてを受け入れて生きていくことが人なのだからと、そう思います。
今は、まだつらい時かと思いますが、元気をだしてください。いろいろ、偉そうなことをいってすみません。

避難所の再編や塾の再建への道のり、課題が山積みで心休まる時がないかもしれませんが、無理をしすぎないようにしてくださいね。




chie720 #-|2011/05/01(日) 17:12 [ 編集 ]

本当に本当につらい体験で
今まだそれが続いているかと思うと
胸が痛み涙が止まりません。
自分ならどうなっているだろう
と考えるとデザート・ムーンさんの
お人柄がでた最近の活動に感服いたします。
きっと三わんこさんが助けてくれたのでしょうね。
東京もかなり揺れて死ぬかと思うような
恐怖でした。
その何倍もの恐ろしさをみなさんは
体験なされ心中いかばかりか
わかりません。
まだまだ復興まで遠い道のりでしょうが
どうかお身体だけご自愛ください。
きっといつか穏やかに過ごせる
時が来ると願っています。

藤の苗今日も元気で育っています。
ginji&rin #-|2011/05/01(日) 18:31 [ 編集 ]
★ FairyDog 様、やはり時間が……。
 津波の写真を撮り終えてからの記憶には、
一部に欠落があります。
(その頃に関しての取材は、困りますね……。)

 また、
避難所での暮らしが、
もう三か月以上にも感じられるに、
「それは、いつ頃のことでしたか?」という
記者やボランティアさんからの、
「時期」に関する質問にも、
答えにくいです。
やはり災害の影響は、残っていますね。

 かと思うと、忘れられないことも。
必要なのでしょうね、時間が……。

★chie720 様、さすがに疲労が……。
 そろそろ、精神や体に疲労影響が出ています。
 
 「代表を、町の職員に採用するので、申請書を……。」
もちろん、即お断り!
本来の位置づけが、180度変わりますものね。
(役目を続ける意欲も、そがれそう?)

★ ginji&rin 様、そうですよね。
 やがては、
この体験を思い返す日も来るのですね。

 代表で、もうひと踏ん張りしたいのですが、
今後の役目が
どういった方向に進んでいくのか、
不透明で……。
 数週間後に、ボクの決心が変わるのかも?
デザート・ムーン #-|2011/05/02(月) 20:20 [ 編集 ]

津波の写真、そして3月11日の記事…。
あまりに起きたことが大きすぎて、デザート・ムーンさんの背負っているものも大きすぎて、私では何かをうまく言うことはできませんが…せめて、夜よく眠れますように。
11日の記事、その後の津波を思うとただもう
「早く!早く避難して!」と思うばかりで、ご近所の方の安否確認に駆け回った姿に「自分ならこんなにできるだろうか?」と自問してしまいます。
ボニーちゃんの最後のお別れの写真、持っていたカメラに残っていたのでしょうか?
花いっぱいで送られたボニーちゃん。
地震が起こる前で本当に良かった…。
そして写真が残っていて良かった…。
泰 #-|2011/05/02(月) 22:25 [ 編集 ]

ご無沙汰しております。
3月11日の地震津波の凄さに言葉を失いました。
とにかくご無事で良かったです。
ボニーちゃん地震の前に旅立つなんて
全てを分かっていたかのように思えます。

まだまだ復興まで時間がかかると思いますが
どうぞお体大事になさってください。
また何か必要な物がありましたら
遠慮なくおっしゃって下さい。

姉 #-|2011/05/02(月) 22:57 [ 編集 ]
★ 泰 様、孫娘ボニーの写真の次に撮ったのが、
おっしゃる通り、津波。

 他にも、
満杯になって、財布に入れていたSDHCカードと、
津波から戻った古いSDカード2枚(残骸にあった)
にも、貴重な思い出の写真が残っています。
(携帯にも!)

 津波が来ると思っての行動でしたが、
まさか自宅まで流れる……とは。

[太字]★ 姉 様、本当に……。[/太字]
 孫娘ボニーは、悟っていたとしか思えませんね。
最後に、「絶好調!」な姿を残して逝きましたもの……。

 お気持ち、本当にありがたいです。
困ったときには、お願いをいたします。
デザート・ムーン #-|2011/05/02(月) 23:28 [ 編集 ]

改めて読んでみると、防災無線など無かったようです。本当にその時の判断が生死を分けたことがわかります。
min #-|2012/03/24(土) 11:53 [ 編集 ]
★ min 様、南三陸町では放送が有りました。
 道徳の教科書に採用された、
「遠藤みき」さんによる命がけの放送です。
みきさんの父上は、ボクの父と剣道仲間です。
津波の翌日には、御両親で遺体を捜索する場面に
出くわしました。

 御嬢さんは、自分の命よりも放送を選んだのですね。
町全体が、彼女の放送に包まれた状態でした。

 避難が遅れた方々は、51年前の津波を想定し、
「ここまでは来ない……。」と、
思い込んだのでしょうね。
デザート・ムーン #-|2012/03/29(木) 16:13 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://desertmoon.blog55.fc2.com/tb.php/340-ce6fa162