日々の暮らしの中で感じたことを、共有したいのです。

プロフィール

  デザート・ムーン (男)

Author:  デザート・ムーン (男)
 
「三世代シェルティーS」

 祖母ラン
1992年 1月28日生まれ
2010年5月7日 午後
18歳3か月9日で、 永眠。

 娘:アリス 
1994年 2月3日生まれ
2009年8月28日18時22分
15歳6か月25日で、 永眠。

 孫娘:ボニー
1998年 孫娘ボニー
5月22日生まれ
2011年3月8日(火)早朝
12歳9か月14日で、 永眠。
<津波は、3月11日(金)>


 「藤」の花・冬の凍った「月」が
大好き!
宮城県・南三陸町の「海」も、
綺麗ですヨ!
ワンsや花の写真を、
お楽しみ下さい!
(小さい写真は、
クリックで拡大!)

 学習・書道・作文・工作の『教室』を
営んでいた自宅が津波に流されてしまい、
今は仮設暮らし……。
 行者ニンニクも、
販売中!

ランキング、参加中で~す!

毎日1回、ポチッと、
お願いしま~す!
「にほんブログ村」が開けば、
投票完了!

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
シェルティーブログランキング

お勧め、過去記事!


津波関連の記事。
「パソコンから、津波の写真を……。」
「今日は、3.11のことを……。」
「東京の教え子さんへ…。」

ぜひ、覗いて下さいマセ。
  「かっとび、ボニー!!」パート2
 月下美人
 華麗なる? ジャンプ!
 隠し球?
 祖母ランのジャンプ!
 スラローム!
 孫ボニー、独唱!
 フジ!2006
 フジ!2007
 フジ!2008

最近の記事

リンク

カウンター

いらっしゃ~い!!

現在の閲覧者数:

ブログ内・キーワード検索

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

ブロとも一覧


■ ブログ名:☆あんりんトウフ☆

■ ブログ名:FairyDogのわんこ日記

■ ブログ名:ちょっとひとやすみ・・・気ままな休日

■ ブログ名:Toy toy 日記

■ ブログ名:野の花とネコ達の四季

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユニークな、お店です!

クリックして、ご利用を!!

行者ニンニクの苗・加工品…格安販売!
内海農園 
巨大盛りラーメン店・しのぶ(豊里)
Bambino(バンビーノ)…ワンちゃんのハンドメイドお洋服
 
 

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

4月1日の記事(携帯から)に、写真を添えて……。 

 4月1日の一部を、再編集しています。

 朝の5時半には、
避難所の95%が活動を開始。

太陽と共に起き、日没と共に…眠くなる生活。
(身体の毒素が、ドンドン出ていく感じ。
酒も呑まず、肝臓も元気に?)


 朝の会議で、この避難所から、
ノロウィルスの陽性患者が出た…
と、伝えられた。

いよいよダ…。

『バニックにならないよう、住民に安心感を持たせるコト。
予防は、とにかく、うがい・手洗い に尽きる。』
と、急きょ会議に参加した医師から、忠告。


 その後でボクは、
町の中枢があるベイサイド・アリーナへ、徒歩で出発。

 津波のトラウマから、平地の市街に降りられず、
町の中心部へも、ずっと足を踏み入れなかったが……。
4月1日 (6)
(曲がった線路。)
 初めてJR志津川駅のホームへのぼり、
4月1日 (1)

孫娘ボニーの再診 
さらに駅前へと。

 支援団体の牧師さんから頂いたコン・デジで写真を撮りながら、
ユックリと歩く…。



 ガレキだらけの街。
4月1日 (2)

どこが何やら、
位置を知る手掛かり(見慣れた物)は、ほとんど無い。
4月1日 (5)

出るのは、ため息だけ……。

4月1日 (3)
(川は、ガレキで埋まる。)

4月1日 (4)




 街の中心部から
かなり離れた高い場所、町役場の仮庁舎まで、1時間半で着く。

 「信金の特設」が見つからず、ついでの用事を2件かたづける。

 帰りは50分ほど歩き、昼過ぎ避難所に戻る。
(帰った後、信金は仮庁舎でなく、ベイサイド・アリーナ内に
あったと知る。ボクは、勘違いを…。)



 今日の午後も数分とあけずに、いろんな人が…。
(昨日の午後は、ボクの入浴中に戸が開き、
役場の代表者がボランティア受け入れのOKを取りに!)


 夕食は、ボランティアが、本場の『長崎ちゃんぽん』を!


 日暮れに、やっと新聞が届く。
ペット部屋(避難者がペット同伴で暮らす)に配達。
帰りに廊下で、ペット連れで移転できない悩みに、長い時間お付き合い。)


 今日は、4月1日。

避難所から見える風景こそが、
まさに
エイプリル・フール……。

(写真は3月12日、津波の翌日。)
関連記事
2011/05/02 20:31|シェルティーTB:0CM:9

コメント


少し言葉足らずでしたので・・・
前回のコメントに、ありのままを受け入れないと・・・しましたが、それには今の現状に負けないで・・・という思いの他に、生きていく為に支えとなる記憶・生きていく為に心の片隅に鍵をかけておく記憶・生きていく為に思い出せない記憶をありのままに・・・という思いもあります。

この先、何年も過去に出来ない過去に胸がしめつけられる日々もあると思います。
時間が解決してくれる事・時間と共に思い出す記憶も・・・
これだけの地震・津波・惨状・別れを抱えて生きて行かれることは、想像出来ることではありません。
どんなに心を寄せてもその思いに届くことは出来ることではありません。
でも、時間が少しでもデザート・ムーンさんの心を軽くしてくれる事を願っています。

代表として、この二ヶ月余りどんなに頑張ってこられたかと思います。
集団生活の中で、矢面に立ち、どんなに心を痛めてこられたかと思います。
少し違った道を選ばれることも必要なのかもしれません。
この先を生きていく為に御自身の事も大切にして下さいね。
どんな道、どんな時もお力にならせて頂きますから・・・
FairyDog #-|2011/05/03(火) 09:33 [ 編集 ]
★ FairyDog 様、宜しくお願い致します……。
 おかげで考え方をリフレッシュできました。
有難う御座います!

 町役場が、
新たな情報・物資の伝達経路を固定化し、
避難所自治会の位置づけに関して、
疑問を感じていた所ですが、
できるところまで、自分の価値観を主張してみます。
町が、その意見を受け入れるとも思えませんが、
頑張っていくためのエネルギーを頂きました。
 無理はせずに、
もう半歩だけ、
前に出てみます!!
(自分のコトも、同時にスタートさせてみます。)
デザート・ムーン #-|2011/05/03(火) 10:25 [ 編集 ]

テレビを見ていると、芸能人の慰問・チャリティ・・・そこに集まり携帯のフラッシュをたく人々・・・
悪い事とは思いませんが、復興してますね~と言うお馬鹿なアナウンサー。
いまテレビで南三陸町にランドセルが足りず・・・といっていましたが、少し前のテレビでは他県では集まりすぎて自治体が処分に困っているというニュースも見ました。
そして、言い方は悪いかもしれませんが、お役所は所詮お役所仕事です。
この現状でもお給料は入ってきます。
仕事が出来ない漁師さん、全てを失った先の見えない人々の不安がどこまで自分ごととして考えているのか・・・
だから、代表という方が必要なはずなのです。
役所は、いいように使いたがるかもしれません。
でも、ご自身の価値観を伝えてください。
それが、生かされた一つの意味を持つものでもあると思います。
そして、出来ることをやり終えたと思えた時に御自身の生きる道が同時に出来ていることを目指してください。
いままで積み上げてきた人生が支えてくれると信じています。






FairyDog #-|2011/05/03(火) 12:33 [ 編集 ]
★ FairyDog 様、避難所の新たな運営は数日が勝負!
 災害後の現状では、
細かいサービスができないから、
避難所代表の協力を……。

 というのが、町の基本スタンスらしい。
昨日その文書を持参した職員に、
はっきりと「おことわり」を……。

 何をやっている!という
町民からの突き上げに耐えきれず、
我々にその一端を担わせたいのかもしれないが、
もうすぐ2か月の、この時期に
それは願い下げ。(臨時職員の募集にも、ボクは申請はせず。)

 もう一度、
避難所がモノのない頃の団結を、
取り戻せたなら……。
この数日が、避難所の正念場ですね。
デザート・ムーン #-|2011/05/03(火) 16:05 [ 編集 ]
何も言えませんが…
見せていただいた写真は現実に目の前にあるんですね。
現地に行かれた方の言葉を借りれば、写真やテレビのフレームの中では
伝えきれない、言葉をなくすような景色や現実があると言っています。
日本のメディアは半分もその現状を出していないと…
海外に住む友人は震災直後、津波後の町や亡くなられた方々がすぐそこにいる現実の写真が報道されていると
言っていました。それを国内で報道するかどうかはいろいろな意見があると思いますが、
私は子供たちに留意して震災にあわれた方々は、大変な生活をしているとともに、
そのような過酷な状況を目にしてきただということを、ある程度共有する必要があるのではないかと思っています。

デザート・ムーンさん、他の方々も地震、津波などなど、トラウマになっている方々はたくさんいらっしゃるのでしょう。
それでも代表としてこ2か月間、町民の皆様のために日々奮闘しているデザート・ムーンさん、
ただただ頭が下がる思いと何もできず申し訳ない気持ちでいっぱいです。
これから復興に向けて、ご自身のことも大事になさりながら、お体に気をつけて今後の町のために、デザート・ムーンさんがよかれと考えたことを提案していってくださいませ。
そら&りきママ #/2CD/BNk|2011/05/03(火) 16:28 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2011/05/03(火) 16:41 [ 編集 ]
★ そら&りきママ 様、長文のコメントに感謝。
 私も、我が家がどこかを探す中、
シーツが掛かったご遺体に合掌。
当然、
シーツを掛けた方、
ご遺体を運んだ方は、
一般の人。
それらの人々は、
いろんな状況のご遺体と対面。
(それを行うのが、当然の状況。)

 ボクの今の行動など、微々たるもの。
 町の再建までの道を、まだ歩き出したばかりで、
方向性が見えないのは当然だが、
現時点での最善を探って……。

★ かぎコメ様、有難う御座います。
 議会で予算が付いた
「町からの配慮」が、
いわゆる「雇用」か。
失業中の代表にも、
収入を……との配慮?

 献身的に厨房を切り盛りする方、配膳する方、
物資の管理者など、みんな町民。
それぞれが広い守備範囲の仕事をカバーしており、
被災し失業中、日の出から日没まで
これまで無給で働いたのだから、
彼らは報酬を受けて当然。
むしろ、もっと早くからやるべきことだった。

 さらには、復興後の給食担当や、
その他への優先的な雇用も望みたい所。
 また、住民から推された自治会長ならば、
報酬を受けても当然だろう。

 だがボクは、「塾」という夜の仕事。
休日も逆転し、住民との接点が少ない。
 当然、高校避難者の全体から乞われもせず、
なりたかった訳でもなく、
ひょんなことから代表に。
 ボクみたいな者が報酬を受けるなら、
その分を
毎日、トイレの清掃・除菌をして、
ノロウイルス終息に活躍した方々に
回してくれと、本部に依頼した。 

 広報配布に関する文書を携えた職員には、
「あなた方も私たちも、被災者という同じ立場。
中には、御家族を亡くされた方々も……。
しかし、
あなた方は住民へのサービスを提供する事で
収入を得る。失業し避難所にいるの人間とは、
まったく待遇が違う。」
と、キツイことも言った上で、協力を依頼。
 彼も、仮庁舎での代表者会議で、
ボクの意見を聞き、賛同していた……
とのことだった。

 鍵コメにあった「役所は情報を伝え、
住民としっかりコミュニケーションを」
というお考え、
まさに、ボクと同意見です。
デザート・ムーン #-|2011/05/03(火) 19:47 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2011/05/03(火) 22:01 [ 編集 ]
★ かぎコメ様、引き続き宜しくお願い致します!
 3.11に、この避難所は、
高校の管理下でスタート。(ボクは、そんな時期から参加。)
 その後、高校の二次募集などで学校が始動。
避難所の管理は町に移り、初めのうちは
多くの町職員さんによっての運営。
彼らは同じ被災者として町民と一丸で、
昼夜を分かたず活動。
 ここ最近、120名の高校避難所には、
2名の町職員さんが詰め、1名だけの日も……。
(やがては、3名をプラスとか。)

 避難所の町職員さんが、非常に大変であったし、
その活躍には日々とても感謝している。
(仮庁舎の職員さんも、きっと個々に頑張っていることだろう。)

 ところが、いわゆる「お役所」(失礼)という集合体になると、
途端に柔軟性を欠いて硬直化。
我々現場からの声は、一笑に付されることも……。
 おっしゃる通り、
納得出来ない住民からの協力は得られるはずもなく、
現場に足を運んだ話し合いの場を、
もっと増やすべきなのだ。大変な時だからこそ……。
(冷静な視線でのアドバイスを、引き続き!)
デザート・ムーン #-|2011/05/04(水) 18:00 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://desertmoon.blog55.fc2.com/tb.php/341-f382414e