日々の暮らしの中で感じたことを、共有したいのです。

プロフィール

  デザート・ムーン (男)

Author:  デザート・ムーン (男)
 
「三世代シェルティーS」

 祖母ラン
1992年 1月28日生まれ
2010年5月7日 午後
18歳3か月9日で、 永眠。

 娘:アリス 
1994年 2月3日生まれ
2009年8月28日18時22分
15歳6か月25日で、 永眠。

 孫娘:ボニー
1998年 孫娘ボニー
5月22日生まれ
2011年3月8日(火)早朝
12歳9か月14日で、 永眠。
<津波は、3月11日(金)>


 「藤」の花・冬の凍った「月」が
大好き!
宮城県・南三陸町の「海」も、
綺麗ですヨ!
ワンsや花の写真を、
お楽しみ下さい!
(小さい写真は、
クリックで拡大!)

 学習・書道・作文・工作の『教室』を
営んでいた自宅が津波に流されてしまい、
今は仮設暮らし……。
 行者ニンニクも、
販売中!

ランキング、参加中で~す!

毎日1回、ポチッと、
お願いしま~す!
「にほんブログ村」が開けば、
投票完了!

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
シェルティーブログランキング

お勧め、過去記事!


津波関連の記事。
「パソコンから、津波の写真を……。」
「今日は、3.11のことを……。」
「東京の教え子さんへ…。」

ぜひ、覗いて下さいマセ。
  「かっとび、ボニー!!」パート2
 月下美人
 華麗なる? ジャンプ!
 隠し球?
 祖母ランのジャンプ!
 スラローム!
 孫ボニー、独唱!
 フジ!2006
 フジ!2007
 フジ!2008

最近の記事

リンク

カウンター

いらっしゃ~い!!

現在の閲覧者数:

ブログ内・キーワード検索

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

ブロとも一覧


■ ブログ名:☆あんりんトウフ☆

■ ブログ名:FairyDogのわんこ日記

■ ブログ名:ちょっとひとやすみ・・・気ままな休日

■ ブログ名:Toy toy 日記

■ ブログ名:野の花とネコ達の四季

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユニークな、お店です!

クリックして、ご利用を!!

行者ニンニクの苗・加工品…格安販売!
内海農園 
巨大盛りラーメン店・しのぶ(豊里)
Bambino(バンビーノ)…ワンちゃんのハンドメイドお洋服
 
 

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

TVでお見かけしていた、コロンビア大学の教授(政治学)…… 

ジェラルド・カーティスさんと、
親しくお話しが出来た。(東京の某・民放の取材として。)

 教授は高校・柔道場の避難所を見て、
「とてもキレイですね! そして、この人数なのに静かだ。
世界の報道でもよく言われますが……、みんな紳士的だと。
本当に、争い事はありませんか?」
ボク:「つかみ合いの言い争いや、殴り合いはありませんね。」
(冗談のつもりだったのに、「それら」がないことに驚いていた。)
「ただ、小さなトラブルはあります。」

教授:「今いちばん必要なものは、何ですか?」
ボク:「それを考えている余裕すら、ないのです。」


 やがて話の流れは、行政の話題に及ぶ。

ボク:「役人とのコミュニケーションが、足りません。
分かりやすい例で言うと……、
せっかく仮設住宅の抽選に当たったのに、
大量のキャンセルが出ます。」

 彼は、「当たったのに、キャンセル! なぜ!」と驚き、
強く興味を持ったが、
移動の時間が近づき、歩きながらの説明に。

ボク:「町には、それを分析する余裕がないでしょう。
でも、2か月近い間の変化に、
行政が追いつけなかったのでは?
例えば、もう仕事が始まっていて、
遠くの仮設に移れない……とか?」

 TV局の車に送る途中で、
たまたま焼いて持っていた
ボクの「津波写真CD」を、
教授に差し上げた。(握手で、お別れ。)

 教授の放送は、「……ステーション」で。
ジェラルド・カーティス教授

(教授が来る直前まで、NHK仙台の取材も。)


 



 ランキング  参加中
 紫のバナー  ポチッと、 お願いしま~す

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ    携帯は「ココ」をポチッ→「シェルティー・ランキング」へ!


   
関連記事
2011/05/05 21:32|シェルティーTB:0CM:2

コメント


避難所代表として、取材対応もたいへんですね。でも、行政の視点ではなく住民からの情報発信も大切だと思います。住民の皆さんが今、何を求め、何を思い、どう行動しているのか、なかなか伝わってきませんから。
町のHPによれば、避難所の再編が間近いようですが、今、きっと奮闘されているかと思います。これまでの避難生活で育ってきたコミュニティがこの影響でどうなるのか……
今回、あまりにも被害が大きかったため、住み慣れた場所を一時離れての集団避難を呼びかけ、被災地以外の自治体も受け入れ態勢を整えましたが、やはり、あまり進みませんでした。仕事や学校のことなどを考えると、住み慣れた土地で生活再建を目指したいという思いは当然です。
行政の対応も難しいところですが、町にも頑張ってほしいと思わずにはいられません。


chie720 #-|2011/05/07(土) 11:37 [ 編集 ]
★ chie720 様、避難所の2階を使えるように!
 提案して説得した結果、何とか実現。
行政は、「1階をツメて使って……。」
の一点張りでしたが、
これで避難者の尊厳が、
いくらか保てます。
 
 ボクは一人でも多くの町民が、
この町に残ることこそ、
新しい南三陸町の創造に欠かせないと考えます。
その意味では、
説明不足の集団避難は反対でした。
(説明には時間を要すので、割愛します。)

 ライフラインの工夫など、
柔軟な思考が必要なはずですが、
住民は蚊帳の外に?
(役場が、
きっと一生懸命なのであろうと、
想像していますが、
空回りの危険はないのか
という懸念も、どこかに?)
デザート・ムーン #-|2011/05/07(土) 16:51 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://desertmoon.blog55.fc2.com/tb.php/344-463f9f96