日々の暮らしの中で感じたことを、共有したいのです。

プロフィール

  デザート・ムーン (男)

Author:  デザート・ムーン (男)
 
「三世代シェルティーS」

 祖母ラン
1992年 1月28日生まれ
2010年5月7日 午後
18歳3か月9日で、 永眠。

 娘:アリス 
1994年 2月3日生まれ
2009年8月28日18時22分
15歳6か月25日で、 永眠。

 孫娘:ボニー
1998年 孫娘ボニー
5月22日生まれ
2011年3月8日(火)早朝
12歳9か月14日で、 永眠。
<津波は、3月11日(金)>


 「藤」の花・冬の凍った「月」が
大好き!
宮城県・南三陸町の「海」も、
綺麗ですヨ!
ワンsや花の写真を、
お楽しみ下さい!
(小さい写真は、
クリックで拡大!)

 学習・書道・作文・工作の『教室』を
営んでいた自宅が津波に流されてしまい、
今は仮設暮らし……。
 行者ニンニクも、
販売中!

ランキング、参加中で~す!

毎日1回、ポチッと、
お願いしま~す!
「にほんブログ村」が開けば、
投票完了!

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
シェルティーブログランキング

お勧め、過去記事!


津波関連の記事。
「パソコンから、津波の写真を……。」
「今日は、3.11のことを……。」
「東京の教え子さんへ…。」

ぜひ、覗いて下さいマセ。
  「かっとび、ボニー!!」パート2
 月下美人
 華麗なる? ジャンプ!
 隠し球?
 祖母ランのジャンプ!
 スラローム!
 孫ボニー、独唱!
 フジ!2006
 フジ!2007
 フジ!2008

最近の記事

リンク

カウンター

いらっしゃ~い!!

現在の閲覧者数:

ブログ内・キーワード検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

ブロとも一覧


■ ブログ名:☆あんりんトウフ☆

■ ブログ名:FairyDogのわんこ日記

■ ブログ名:ちょっとひとやすみ・・・気ままな休日

■ ブログ名:Toy toy 日記

■ ブログ名:野の花とネコ達の四季

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユニークな、お店です!

クリックして、ご利用を!!

行者ニンニクの苗・加工品…格安販売!
内海農園 
巨大盛りラーメン店・しのぶ(豊里)
Bambino(バンビーノ)…ワンちゃんのハンドメイドお洋服
 
 

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

震災後、初めて……(長文です)。 

 6月15日(水)

 朝6時ごろ、いま「支援の品」が到着したとの連絡。

 支援品は、
被災直後に神戸から2度も来て下さった看護師さんが、
その後も高校避難所を心配し、紹介して下さったもの。
 床から立ち上がる時、支えとして介助してくれる、
「木製の器具」である。

 制作した会社の社長(代表)が、
主任の運転する車に同乗し、高校避難所へと届けに来られた。

 はるばる岐阜県から、11回目の訪問とか。
援助のため初めて被災地へ向かった時は、
命も危険な旅を覚悟して、
社長(代表)独りでの行動だったと……。

 避難所・仮設住宅を、現地で採寸。
様々な介助器具一つ一つを、
ピッタリのサイズに加工して、
何度も運んで下さったとのこと。

 今回届いた「立ち上がり介助具」は、
中学校の校長先生や生徒さんが
スポンサー役をかって出たもの。

 実物を目にして、
高校避難所での希望者が、
事前の予約数をはるかに超えたので、
不足分を再度届けて頂くことに。

 お二方は、避難所の朝食を一緒に食べて下さり、
社長は涙ぐみながらボクの話を聞いて下さった。
(ボクは、笑顔で明るく話したのだが……。)

 社長・主任を「お見送り」した後、
歯を磨く時間もなく朝8時半の会議へ。
終了後、その内容を皆さんに報告。
(その後、洗濯機を「洗い」だけにして、そこを離れる。)




 昨日、援助の品々を三人で届けて下さった方々の御一人が、
避難所のボクのスペースまで
町職員に案内されてきた。(その時、ボクは歯磨き中。)

 その方は、
ドイツにお住いの日本人女性で、
市民音楽団が集めた義援金を、
帰国して届けて下さったというのだ。

 昨日のボクの説明を聞き、
高校避難所の皆さんを高く評価して下さり、
「この避難所で、義援金を受け取ってもらえるか」と
高校避難所の町職員に打診したところ、
代表のボクに判断を、と……。

 「お金」の事だから、
ボクの一存では決めかねたので、
働き者の「代表代行」に相談したら
「募金者に、ちゃんと説明できる使い方が良いかも。
避難所が食品を買って、領収書で残しては?」と、
提案してくれた。

 ボクは、
この避難所だけで「現金」を頂くこと……
(それも「食べ物」だけに)が、
少々さびしく感じられた。
 そこで、
海外からの義援金を
ご自分の手で届けて下さった「ご厚意」を、
広く皆さんに知って頂ける形を模索。

やはり、
町に義援金を渡して、
南三陸町ホームページで公開してもらおうと考えた。



 お三方と一緒に、町役場の仮庁舎へ行く。
(この時点で、ボクは何か忘れていますヨね。)


 女性が義援金の手続き中、
ボクは職員に
ホームページで、「義援金の寄付者」として公表してくれるように依頼。
しかし、丁寧に却下。やはり、ボクの考えが甘かった。

 (何とかみんなに知らせようと、ボクが取材を受けた地元のTVや新聞に電話をしたが、
ソチラからも丁寧に……。)

 そこで、
また役場に食い下がり、ホームページの担当課は?と訊いたら、
「それは、○課が……。」と。

 ○課に行くと、プレハブの奥に
「○課長」であるバド父さまが、立ったままで話し込む姿……。

 とても緊張感があり、近づける雰囲気では……。
(震災後、初めて彼の姿を見た。)


 課の入り口にいた職員に、「ホームページを担当する方は?」と聞く。
部屋を見回し、「今はいません。あ、外の廊下にいました……。」
近づいて用件を話す、
「海外からの支援を、町の話題としてホームページで紹介してもらえないですか?」と。
「よろしいですよ。」と、簡単にOKが出た!
そして、「担当の記者を、呼びます。」と、とんとん拍子に。

 廊下から、○課の前に戻る。

ガラス越しに、バド父さまと目が合う。会釈をするが、彼は気が付かず。

ボクはマスクを取る。彼は気付いて、笑顔に。こちらの出口に近づく。
ボクは、背を向けた。もう、涙が出そうだったから……。

バド父さまは、笑顔でボクの前に立った。「今も、高校避難所に?」
ボクは「ええ……。本当に、大変なことになって……。」みたいなことを言った。
もう耐えきれず、下を向いて泣いてしまった。
彼は、「どうしたの~。」と。

ボクは、「バド父さまが、毎日どんな気持ちで、仕事をされているのか……。それを思うと……。」
彼も涙を流し、「仲間の町職員が、40人も亡くなったので、泣く気に慣れないんだね。」と。
「犬たちの事も……。」とも。

 今、初めて言うが、
彼は防災庁舎の屋上で生き残ったうちの御一人。
彼は、
眼前の自宅が流されるのを、屋上から見たのだ。
そして、バド母さまが、割れた自宅から……。


 彼には、バド母さまの写真データがたくさん残っていることを告げ、
そのうち一緒に呑むことを約束して別れた。

 ボクは津波後、初めて人前で泣いた。
ホームページの担当者と記者は忙しい中、
ボクたちの会話が終わるのを待っていて下さった。

後日、ホームページには、お三方の写真と記事が掲載された。

(ドイツ市民音楽団から義援金をいただきました)

 お昼、避難所に戻り、お三方と喫茶室で長い話を。
同時に、いつもの牧師さん関係の団体にも対応。
(ここで、やっと洗濯していないことに気付く。)
 皆さんを、お見送りした後、洗濯を再開。

そして、シャワーサービスのボランティアさんからの相談に……。


 久々に、長い一日となった……。


6月14日(火)の月




 ランキング  参加中
 紫のバナー  ポチッと、 お願いしま~す

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ    携帯は「ココ」をポチッ→「シェルティー・ランキング」へ!
犬ブログ シェルティー
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

関連記事
2011/06/16 19:05|シェルティーTB:0CM:8

コメント


バド父さまにお会いされたんですね。
いつか・・・の時間がついに・・・。
読ませていただいて泣きそうになりました。
バド父さまとお話できて良かったです・・・
泣くことが出来て良かった・・・と私は思います。
どれだけ時間が経っても悲しみが癒えることは
ないとわかっています。
でも、いつか・・・の時間が訪れてデザートムーンさんの心にひとつ欠片が戻ってきてくれたらと思います。
上手に言葉に出来なくてごめんなさい。

FairyDog #-|2011/06/16(木) 20:05 [ 編集 ]

お父様と会えたことも、パド父さまと再会できたことも良かったと思います。顔を見るだけで、どんな言葉よりも気持ちが伝わったんでしょうね。
泣くこともできない状況から自然に泣くことができたことにも言葉はよくないかもしれないけど安心しました。
今日のブログは前向きの気持ちがすごく伝わってきて、私も元気づけられました。ありがとうございます。

最後の月の写真、とても素敵ですね。
chie720 #-|2011/06/17(金) 00:16 [ 編集 ]

今日のテーマ、みなさんにどう言葉を掛けて良いのか、詰まりました。

デザート・ムーンさん、バド父さまとも、お互いに声を掛け辛かったことでしょう。堪えていたものが涙という形で出せて良かったです!!少しでもガス抜き出来ただけでも違いますよね。

お父様、近々帰って来られそうなんですね!?

一日も早く復興出来ることを願わずにいられません!!
happyパパ #-|2011/06/17(金) 01:01 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2011/06/17(金) 21:26 [ 編集 ]

昨日の私のコメントに自分自身、ちょっと違和感があって再度コメントさせていただきます。前向きな気持ちを感じたと書いたのですが、言葉足らずだなと。前のブログのみんさんからのコメントへのお返事を直前に読んだこともあるのですが。
バド父さまに会ったとき、どう声をかければいいのかと以前書いていらっしゃいましたが、その後再会があったのかどうか気になっていました。バド母さまのことは、お二人にとって、いくら時間がたっても悲しみが癒えることはないでしょうけど、お二人がこうしていつか言葉を交わす時がなければ、前に進めないのではと思っていました。
そして、再会を私たちにも伝えてくれたことに、一歩前に進めたと感じたというのが前回のコメントになったということです。
多くの方々の心暖まる支援にも、それに応えようと日々頑張っていらっしゃるデザートムーンにもたくさんの力をもらっています。
chie720 #-|2011/06/18(土) 00:57 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2011/06/18(土) 01:27 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2011/06/19(日) 16:32 [ 編集 ]
★ FairyDog 様、やっと会えました。
 コメントへの返事が、書けませんでした。
いつの日にか、写真を見ながら
ゆっくりと話す日が、
来るのでしょうね。
きっと……。

★ chie720 様、コメントの御心遣い、ありがたいです……。
 3か月が過ぎ、ボクの精神状態も、
ジェットコースターの様に変動しています。
(どんどん、壊れていくみたい……。)

 見えなかったことが見え始めた反面、
そのことによって、見えなくなることも出始めました。

 昨日も仮庁舎の外を歩きながら、
ガラス越しにバド父さまの
お姿を拝見。
ボクも時間がなく、そのまま通り過ぎました。
 ボクも、避難所の閉鎖まで、
頑張る覚悟ですが、そろそろ塾の再開も視野に……。
運転免許の無いボクは、遠くの仮設に行けないし、
それも難しい判断ですね。

★ happyパパ 様、やっと会えました!
 バド父さま、津波からこれまでの日々を、
どの様に生きたのでしょうか。
それを思うと、たまらなくなります……。

 父は、もうすぐ帰るかもしれませんが、
買い物をする店もなく……。
でも、地元がイイのでしょうネ、やっぱり。

★ ないしょコメ様、100日でしたね……。
 震災直後も、月夜が連日で……。
月には、また一つ……感慨が加わりました。

 長命な猫さんの、ご回復を祈ります。

★ ないしょコメ様、ボクも冥福を……。
 コメントを返していても、
やはり目頭が……。
お心のこもったコメントに、
感謝いたします。

 ボクの精神状態も、浮き沈みがあり、
少し……。

 まもなく、会議の時間です。
行ってきます!
デザート・ムーン #-|2011/06/21(火) 08:26 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://desertmoon.blog55.fc2.com/tb.php/358-627870be