日々の暮らしの中で感じたことを、共有したいのです。

プロフィール

  デザート・ムーン (男)

Author:  デザート・ムーン (男)
 
「三世代シェルティーS」

 祖母ラン
1992年 1月28日生まれ
2010年5月7日 午後
18歳3か月9日で、 永眠。

 娘:アリス 
1994年 2月3日生まれ
2009年8月28日18時22分
15歳6か月25日で、 永眠。

 孫娘:ボニー
1998年 孫娘ボニー
5月22日生まれ
2011年3月8日(火)早朝
12歳9か月14日で、 永眠。
<津波は、3月11日(金)>


 「藤」の花・冬の凍った「月」が
大好き!
宮城県・南三陸町の「海」も、
綺麗ですヨ!
ワンsや花の写真を、
お楽しみ下さい!
(小さい写真は、
クリックで拡大!)

 学習・書道・作文・工作の『教室』を
営んでいた自宅が津波に流されてしまい、
今は仮設暮らし……。
 行者ニンニクも、
販売中!

ランキング、参加中で~す!

毎日1回、ポチッと、
お願いしま~す!
「にほんブログ村」が開けば、
投票完了!

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
シェルティーブログランキング

お勧め、過去記事!


津波関連の記事。
「パソコンから、津波の写真を……。」
「今日は、3.11のことを……。」
「東京の教え子さんへ…。」

ぜひ、覗いて下さいマセ。
  「かっとび、ボニー!!」パート2
 月下美人
 華麗なる? ジャンプ!
 隠し球?
 祖母ランのジャンプ!
 スラローム!
 孫ボニー、独唱!
 フジ!2006
 フジ!2007
 フジ!2008

最近の記事

リンク

カウンター

いらっしゃ~い!!

現在の閲覧者数:

ブログ内・キーワード検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

ブロとも一覧


■ ブログ名:☆あんりんトウフ☆

■ ブログ名:FairyDogのわんこ日記

■ ブログ名:ちょっとひとやすみ・・・気ままな休日

■ ブログ名:Toy toy 日記

■ ブログ名:野の花とネコ達の四季

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユニークな、お店です!

クリックして、ご利用を!!

行者ニンニクの苗・加工品…格安販売!
内海農園 
巨大盛りラーメン店・しのぶ(豊里)
Bambino(バンビーノ)…ワンちゃんのハンドメイドお洋服
 
 

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

津波注意報の夜に……。 

 2011年4月3日の早朝、
志津川高校 柔道場での、「ラジオ体操」。
(まだパーテーションも、立てられずにいた時期。)
2011年4月3日  (1)

2011年4月2日
 高校の教室は、
津波後の数日で、
「ペット部屋」に変貌。
ペットと家族が、
同じ寝場所で「抱っこ」しあって
寝起きを。
(初代のペット部屋・班長は、
ボクの小学校時代の恩師でした。)
 先生からは、
「代表の役目、頑張ってるね。」と
ほめて頂きました。

 とにかく
高校側の配慮に、
今も
ひたすら感謝! (でも避難所での暮らしでは、飼い主の手にさえ「ワン君」は警戒の目線を……。)

2011年4月3日  (2)
 この男性からは後日、
再会した折に
「とてもお世話になった……。」
との言葉を
頂戴しました。

※ マンモス避難所だった
高台の「ベイサイド・アリーナ」の場合、
人間以外は別の場所にアツメめられ、
哀しい声の集団が「ずっと吠え続け」……ていました。

(この事実を知った方々は、今後の避難に必ず「種をこえた」配慮をー!!)

2011年4月3日  (3) 昨日の記事、ラストで触れた、プッチ君。


2011年4月3日  (4)
教室の冷たい床に段ボールを敷き、まだまだ薄い布団。 プッチ君、仔犬時代から一緒の御夫婦と「川の字」に。

2011年4月3日  (5).2011年4月3日  (6) お父さんが、大好き!


 津波の前、
ボクは高校登校坂の横に住み、
このご夫婦は
指定避難所だった老人ホーム(=我が家付近に建ち、津波にのまれた)
の下に住んでいました。
(プッチと三世代シェルティーSとボクは、大の仲良し!)


 ペット部屋の教室が避難者の2次避難で閉鎖されてからも、
残ったご夫婦は弓道場に移り、ワンと同居の生活を続けました
が、県立の高校からは「柔道場よりも先に、弓道場を……」って。
(これ以上の諸々は、やめておこうか。戦友のYさん。)


 2011年6月4日.2011年6月4日 (1)
 プッチ君が聴き入っていたのは、彼らの演奏。





 昨日の「三十日盆」は、
ボクの兄の長男=嬰児の「三十三回忌」の
合同法要。

父を施設からボクの車に乗せ、
寺で
上の姪(嬰児の姉)と
その母と合流。

(ボクの血圧がまた下がり、山道を歩く父を助けようとしてヨロケター。ボクは、情けない息子だな~。)


 10人の僧侶による法要の後で
父を施設に送り届け、
ボクは
ある仮設へと行き
プッチ君の父
(上の写真の彼)

焼香に……。

 2か月ほど前に亡くなったことを最近、知ったからです。



2011年6月4日 (2)

 以前、ボクがプッチ君の仮設近くに自転車で行った時、
プっちゃんはボクの匂いを嗅いだのか、
散歩中のお母さんを引っ張りボクの所までー!
 お母さんは、
「プッチが
あんな遠いトコから、
めったに来ないココまで引っ張るから、何でだ?
と思ったら、
デザート・ムーンさんが居たのか~。」と。
(ボクも、その嗅覚にビックリ。
今もワンだけには、好かれるんだなと再確認。笑)




 焼香しようと
ボクが仮設の玄関に立っても
やはりプッチは吠えず、
玄関にあった
先客の靴をくわえて
小刻みに
尾を振って
ボクの前に
立ってくれた。
彼ならでは、
いつもの歓迎ぶり。
その先客は、
「吠えないねー。分かるんだねー!」と、驚いて……。

 焼香の前に、
プッチのお母さんからは、
肺水腫?みたいな症状(まるで娘アリスと?)で
亡くなったと聞かされ……。

 仮設のひさし等を
たくさん作り、
周囲から喜ばれて、
最後の仕事を
完成してからの
「死」だった……とも。

 帰り際にプッチ君からは、
顔をペロペロされ、
また先客が目を丸く。
(なんせ玄関には、なんちゃっての「猛犬注意」シールが。笑)

 

 津波で生かされた方とのお別れは、初めて。
ただただ、合掌。




 ランキング  参加中
 紫のバナー  ポチッと、 お願いしま~す

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ    携帯は「ココ」をポチッ→「シェルティー・ランキング」へ!
犬ブログ シェルティー

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村



 ちなみに今日が、ボクの誕生日。
皆さんに、感謝ー!

関連記事
2012/08/31 23:12|シェルティーTB:0CM:5

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2012/09/01(土) 16:51 [ 編集 ]
★ かぎコメ様、自分の気持ちはドンドン出しましょう!
 被災地では
「まずは、ヒトの避難が優先……。」
という考えや
「ペットアレルギーの問題」を、
よりクローズアップします、
避難時にね。
そして、「なき声」までも? 

(飼い主から「引っぺがされ」て、
哭かない方が不思議!!!!!かも。)

 最愛の家族が、
「種が違う」と
置き去りにされ、
それによって傷つく人への「配慮」を、
「緊急」で「余裕」がないカラ!と、
バッサリ?


 高校避難所では
ココに書けない
あるニャンちゃんから得た「いやし」の効果は、
大でした。
(詳細が書けないので、ツライのですが。)



 「種が違っても」
大事な家族なら、
「仕事は次」で駆けつけるのもアリですが、
ワンは強し!

 ボク自身も、
「飲まず・食べず・眠らず・出さず」で
3日を過ごしました。

 我が仮設には
津波後に孤独死した飼い主と3日間、
「飲まず食わず」だったワンが
生きています。
(なかなか報告ができず
心苦しいのですが、
そのワンは今や仮設のアイドルに!)



 今まで何度、
各地に「避難所」が出来たのでしょうか?
被災地に
とり残されたワンちゃんが
仔犬を産み、
飼い主と再会して
「映画」にもなったり?
(弱虫のボクには、そんな映画だったかを
見る勇気が有りませんでしたが。)


 バド母さまについても、
初期には
「避難所の犬」の悲惨さから……、
というストーリーが駆け巡り、
聞かされたボクもショックでしたが、
事実は違っていたとか。



 仕事と実生活の板挟み……は、
やはり辛いですね。
(やはり、仕事を優先するのでしょうか?)


 本来は、
被災していない時にこそ、
つまり
自治体のトップや職員が、
そして何よりも住人が
被災していない時期にこそ、
「もしも、全てを失ったら、どう復興するのか?」
という「青写真」をつくっておかなければー!

 それを

しなかった

南三陸町の

現状から、

反面教師として

学んで下さいナ。

全国の皆さまー!



※ お陰様で
ボクは何とか、
海底を「チョン」と
蹴りましたー。
デザート・ムーン #-|2012/09/03(月) 19:37 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2012/09/03(月) 22:44 [ 編集 ]
ご無沙汰しております。
言葉に出来ない想いがあることに、切なく苦しく涙が頬を
伝います。
ここまでの長い道のりを振り返るとき、驚くほどの集中力と他を思う心使いが如何に
大変だったかを物語っていると思います。

本当にお疲れ様でした。

幸い私の住む所では大きな災害には出会っていません。
感謝しなければいけませんね。
でも油断大敵です。
万が一何かの災害に遭ったなら、この二匹のワンコを如何しようかと悩みます。

おそらく動物はダメといわれると思うので、車の中での生活になるでしょう。
この子達を手放す事は出来ません。
車があればの話ですが・・・。
学ばせていただきます。

それはそうとお誕生日おめでとうございま~す!v-315

ご無理なさいませんように!
orenge #iAn.OV3g|2012/09/05(水) 00:04 [ 編集 ]
★ かぎコメ様、つな君に会いたいです~!
 そうです、まず
生き残って下さい。
こんな田舎町でも、
浮かんだ畳や小物にすがり、助かった方々が居ます。
都市部なら、
動物的なカンで「蜘蛛の糸」に
すがれます! 必ずや!!

※ はい。
 少しずつ……なのですが、
 海面に近づいています。

★ orenge 様、これまでの間にボクの精神や記憶はカナリ!
「やられて」いますね……たぶん。
当時のリーダーには、ウツの薬を服薬する方も……。
(彼も、「ツライ」と語ります。)

 平時にこそ、
ダメージがない時にこそ、
各地のトップは
「全てを失う」事への準備を
「事前に」するべきです。

 元気な今にこそ、
もしも街が「病んだ時のリカバリ」を
準備せねばなりません!
(放射性物質を含めて。)

 「被災地」を、
ぜひとも「反面教師」として
とらえてなおして下さい。

 ボクは決して、
「われらの生き方」が
津波を招いたとは
思っていません。

 「たまたま」
まさに
「たまたま」の被災なら、
やはり皆さんには
同じ「苦難」を繰り返してほしく
ありません。


 大丈夫!
動物を受け入れる場所は、きっと
いや必ずあります。
 まずは、その瞬間に
生き残りましょう。
生きないと、翌日は
めぐってきませんものネ。

※ 感謝~!!!!!!!
デザート・ムーン #-|2012/09/05(水) 18:16 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://desertmoon.blog55.fc2.com/tb.php/448-36a3bd93

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。